レビュー

口の動きで声がどう変化するのかを視覚的・構造的に理解できるシミュレーター「Pink Trombone」レビュー

by PublicDomainPictures

ブラウザ上に表示された口やのど、舌の動きをコントロールすることで人間の声をシミュレートできる「Pink Trombone」が公開されています。口の中がどのように動くことで声が変化するのか、ということを視覚的に理解できるようになっています。

Pink Trombone
https://dood.al/pinktrombone/

上記URLにアクセスすると以下のようなページが表示されます。画面のどこかをクリックすると……


あーあーあーという声と一緒に以下のようなページが現れました。最初の画面をクリックするといきなり音声が出るので注意。


画面真ん中の図は、左が喉側で右が唇側。ピンク色の部分は上が鼻の中の状態、下が口の中の状態となっており、舌や唇を動かしていくことで、声の状態がリアルタイムで変化していきます。


画面下部にあるスライドを左右に動かすと声の高さを変更でき……


上下に動かすことで、はっきりした声なのか、それともウイスパーボイスなのかが調整できます。


例えば舌を持ち上げて口内の空間を狭くすると、最初の「あー」という音から「いー」という音に変化します。実際に口内の形をマネすると、確かにその通りの音が出ました。


上唇と下唇をくっつけると音が止まりますが……


そのまま鼻腔(びこう)にまでカーソルを動かすと、鼻の奥が解放されてハミングできるように。


舌をだらんとすると「えー」という音に近づきますが、のどの奥を少し閉じると音が変化。


そこから舌を動かすと、ややくぐもった音になりました。


「always voice」から音をオン/オフ可能で、「pitch wobble」を切り替えると声の「揺れ」を作り出したり消したりが可能になります。


なお、以下のムービーから実際に口の動きをコントロールして声を変えていく様子を見ることができます。

「Pink Trombone」のバーチャル口内を動かして声を変えてみた - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人気声優の声にリアルタイムで変換してくれるボイスチェンジャーアプリ「リアチェンvoice~ジュラ紀版」レビュー - GIGAZINE

美少女の声からロボットボイスまで手軽に作り出せるRolandのボイス・トランスフォーマー「VT-4」レビュー - GIGAZINE

一番難しいのは「生き残ること」、大塚明夫が「声優」という職業を語る - GIGAZINE

「洋画予告編のいい声」を担当する伝説的声優「レッド・ペッパー」とは? - GIGAZINE

「ボブの絵画教室」の声を聞くと脳がトロけるように感じてしまう現象「ASMR」とは? - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.