ソフトウェア

Microsoftが「Chromium」ベースの新ブラウザ「アナハイム」を開発中か


Internet Explorerの後継としてWindows 10にデフォルトで採用されているウェブブラウザが「Microsoft Edge」です。レンダリングエンジンにはMicrosoft独自開発のEdgeHTMLを用いられていますが、MicrosoftがEdgeのさらなる後継ブラウザを、GoogleやOperaが参加するオープンソースプロジェクトの「Chromium」をベースに開発していると、Windows Centralが報じています。

Microsoft is building a Chromium-powered web browser that will replace Edge on Windows 10 | Windows Central
https://www.windowscentral.com/microsoft-building-chromium-powered-web-browser-windows-10


2015年にWindows 10で配布されたMicrosoft Edgeは、EdgeHTMLというレンダリングエンジンをベースにしていて「高速で軽く安全性が高いウェブブラウザ」をうたっていました。しかし、2018年11月時点でPCにおけるEdgeのシェアはわずか4%。72.38%を占めるGoogle Chromeや9.1%を占めるFirefoxに引き離されているという状況で、苦しい戦いを強いられています。

Windows Centralによると。Microsoftは、ChromiumのHTMLレンダリングエンジン「Blink」を使った新しいPC用ウェブブラウザを構築しているとのこと。このウェブブラウザは「Anaheim(アナハイム)」というコードネームがつけられていて、Edgeにとってかわる新しいWindows 10の標準ウェブブラウザとして採用される予定だと、匿名の関係者は述べています。最終的にAnaheimがEdgeブランドを冠するのか、それとも現行のEdgeとは全く違うブランドとUIを採用するのかは、記事作成時点では不明です。

by marcyscreed2013

2018年11月にはARM版のWindows 10向けにGoogle Chromeを移植するため、マイクロソフトのエンジニアがChromium Projectに参加していたことが判明していて、このこともAnaheimの開発を裏付ける証拠だとWindows Centralは主張しています。ChromiumベースとなるAnaheim上では、ウェブサイトはGoogle Chromeとほぼ同様に動作可能となるため、Anaheimは最終的にChrome・Opera・Firefoxと十分競争できるウェブブラウザになるはずだ、とWindows Centralは期待していました。

・関連記事
Windows 10最新版ではFirefoxとChromeのインストールを検知すると「Edgeがあるよ」とダイアログが表示される - GIGAZINE

Microsoftのエンジニアがプレゼン中にEdgeがフリーズしてしまい仕方なくGoogle Chromeをインストール - GIGAZINE

Microsoft EdgeはCreators Updateによってさらに消費電力が低下、Chromeと比べて30%以上省エネ - GIGAZINE

MicrosoftのEdgeは4大ブラウザの中で唯一Netflixを1080pで再生できることが判明 - GIGAZINE

iOS・Android向け「Microsoft Edge」のプレビュー版がリリース - GIGAZINE

Microsoftのブラウザ「Edge」の拡張機能がChromeでも動作することが確認される - GIGAZINE

ウェブブラウザの「about:」機能はどのようにして誕生したのか? - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1i_yk