アニメ

「ブレードランナー」の新アニメシリーズ制作が決定、監督は神山健治&荒牧伸志で「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎も参加


1982年に公開された人気SF映画「ブレードランナー」の流れを汲む新作として、アニメシリーズ「Blade Runner - Black Lotus(ブレードランナー:ブラックロータス)」が制作されることが決定しました。監督は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で知られる神山健治と「スターシップ・トゥルーパーズ レッド・プラネット」の荒牧伸志が担当します。



'Blade Runner' Anime Series Coming to Adult Swim | Hollywood Reporter
https://www.hollywoodreporter.com/live-feed/blade-runner-anime-series-coming-adult-swim-1164799

‘Blade Runner’ Anime Series Set at Adult Swim, Crunchyroll – Variety
https://variety.com/2018/tv/news/blade-runner-anime-series-adult-swim-crunchyroll-1203047083/

クランチロールとアダルトスイムによると、「ブラックロータス」は全13話構成。物語の舞台は2032年になるとのこと。

1982年公開の「ブレードランナー」は舞台が2019年、2017年に公開された続編「ブレードランナー2049」はタイトルにもあるように2049年が舞台なので、その間を描くことになります。なお、「ブレードランナー2049」公開前に、2つの作品の間をつなぐ短編として「ブレードランナー ブラックアウト 2022」「2036:ネクサス・ドーン」「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」の3作品が作られていて、「ブラックロータス」はさらにその年表の空白を埋める存在となります。ストーリーや登場するキャラクターについてはまだ明かされていません。

3つの短編のうち唯一のアニメ作品だった「ブラックアウト 2022」は、「カウボーイビバップ」「残響のテロル」などで知られる渡辺信一郎が監督した作品で、今回、「ブラックロータス」にもクリエイティブ・プロデューサーとして参加。

【渡辺信一郎監督による前奏アニメ解禁!】「ブレードランナー ブラックアウト 2022」 - YouTube


監督は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「東のエデン」「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」の神山健治と、「APPLESEED」「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」の荒牧伸志が共同で担当するとのこと。

放送はアダルトスイムの「Toonami」という枠で行われるほか、クランチロールが全世界配信を行うとみられています。

ちなみに、「神山健治&荒牧伸志」のタッグは2019年4月からNetflixで配信されることが発表された「ULTRAMAN」を手がけるほか、タイトル・展開時期未定の「攻殻機動隊」新作アニメの制作を担当することが発表されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「終わらない日常」が得がたいファンタジーになった時代に新たな作品を送り出す「ひるね姫」神山健治監督インタビュー - GIGAZINE

社会の大きな問題と切り結ばない作品を作る意味はあるのか、神山健治監督が「ひるね姫」に込めたものとは? - GIGAZINE

3DCGアニメ映画の匠「スターシップ・トゥルーパーズ」荒牧伸志監督・松本勝監督&「劇場版Infini-T Force」松本淳監督鼎談 - GIGAZINE

「ブレードランナー 2049」に出てきた廃棄物処理場や女性型ホログラムがどのように合成されたかわかるVFX分解ムービー - GIGAZINE

「ブレードランナー 2049」に出てきたロサンゼルスの町並みはミニチュアで作られていた - GIGAZINE

「ブレードランナー」に代表される「サイバーパンク作品」に存在する共通点とは? - GIGAZINE

「ブレードランナー」のようなサイバーパンクが長年愛されるジャンルとして成立した背景とは? - GIGAZINE

in 映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.