×
ネットサービス

Twitterサードパーティアプリは8月からリアルタイムのタイムライン取得が不可になる新API「Account Activity API」発表


Twitterは現地時間の2018年5月16日、既存の「User Streams API」に替わる新API「Account Activity API」を8月16日から提供することを発表しました。この変更により、これまで無制限だったリアルタイムでのタイムライン取得が不可になり「15分で15回」の回数制限が適用されるために、Twitter公式以上に高い機能を提供してきたサードパーティ製Twitterアプリなどのサービスが影響を受けることは避けられません。

Enabling all developers to build on the Account Activity API
https://blog.twitter.com/developer/en_us/topics/tools/2018/enabling-all-developers-to-build-on-the-account-activity-api.html

Twitter is going to make third-party apps worse starting in August - The Verge
https://www.theverge.com/2018/5/16/17362138/twitter-api-third-party-apps-changes-explained

この変更は、当初2018年6月19日に実施されることが発表されていたもの。リアルタイムでのタイムライン取得ができなくなると多くのサービスが影響を受けることになるため、ユーザーからの大反発を受けたTwitterはこの措置を一度は延期しました。しかしその際には「正式に決定した際には90日前に通知することで十分な移行期間を提供する」と表明しており、今回はその通知が実際に行われた形となっています。

これまで提供されてきた「User Streams API」は、Twitterのタイムライン更新をプッシュ通知によってストリーミングするものでした。Twitterの更新をリアルタイムで受け取ることが可能だったため、TalonTwitterrificなどのサードパーティ製Twitterクライアントアプリなどで広く使われてきました。

いわば、サードパーティにとっての「生命線」となっていたUser Streams APIが廃止され、情報取得頻度に制限が課されるAccount Activity APIに置き換わることになるということで、各ベンダーが大規模な対処を迫られることは必至。しかしTwitterは「ストリーミングを利用しているのは月間アクティブアプリの1%」であり、影響は限定的であるとしています。


新しく提供されるAccount Activity APIは、「Webhook」を用いることでアプリ側が紐付けているアカウントに変更があった際にTwitterから通知を受け取ることができるようになる仕組みで、従来の「各ユーザーがTwitterのサーバーにコネクションを持ち、要求を受けたTwitterサーバーが情報を通知する」という仕組みとは正反対のものとなっています。つまり、これまでのUser Streams APIではTwitter側は常にユーザーからのリクエストを待ち構えなければならなかったものが、Account Activity APIではTwitter主導での情報通知を行えるようになるというわけです。

今回の発表に併せてAccount Activity APIの料金体系も発表されています。15アカウントまでは無料の「Premium(Sandbox)」を利用可能ですが、16アカウントから250アカウントまでは有料のPremium版を、251アカウント以上はEnterprise版を契約する必要があります。


有料のPremium版はアカウント数に応じて4段階で料金が設定されており、339ドル(約3万7000円)から最高で2899ドル(約32万円)の月額利用料金を支払う必要があります。また、Enterprise版の料金については「要問い合わせ」となっています。

Pricing — Twitter Developers
https://developer.twitter.com/en/pricing/aaa-all


この変更による影響を受けるのは、モバイル版アプリよりもデスクトップ/ウェブ版のクライアントアプリになるとみられています。Talonの開発者であるルーク・キンカー氏によると、モバイルアプリでタイムラインの自動リフレッシュを行うとバッテリーの消費が激しくなるため、この機能を利用しているユーザーは全体の2~3%に限られているとのこと。一方、その弊害のないデスクトップ/ウェブ版のクライアントアプリは、これまで可能だったプッシュ通知によるタイムライン更新が大きく制限されることになります。

リアルタイム性の低下に加え、利用料金が発生することでクライアントアプリの開発元は大きな打撃を受けることになるのは確実とみられており、The Vergeによると実際にサービスの提供継続を断念するケースも現れ始めているとのこと。Twitterrificのシニアエンジニアであるクレイグ・ホッケンベリー氏は「私が危惧しているのは『Twitterrificユーザーの多くは長年にわたってTwitterを利用し、かつエンゲージ性が非常に高いユーザーである』ということをTwitterが理解していないのではないかという点です。これらのユーザーはTwitter公式のサービスに満足しておらず、そのニーズを満たすために他の代替手段を求める傾向にあります」と述べ、Twitterが提供しているサービスと実際のユーザーのニーズの間に乖離(かいり)が存在していることを指摘しています。

・関連記事
Twitterが「荒らし」によるクソツイートを非表示にすると発表 - GIGAZINE

Twitterの新しいWindowsアプリが登場したので早速使ってみた - GIGAZINE

Twitterが仮想通貨の広告を禁止する方針が明らかに、FacebookやGoogleに続く - GIGAZINE

Twitterは今後すべてのユーザーが「認証バッジ」を取得できるよう取り組みを強化する方向性 - GIGAZINE

「Twitterはどのぐらい健全なのか」をユーザーに尋ねる仕組みをTwitterが自ら構築する方向 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logx_tm