メモ

Appleにパテント・トロールへの500億円以上の賠償金支払命令が下る


Appleに対してVirnetXが特許侵害訴訟を提起して損害賠償を求めていた裁判で、Appleに対して5億2060万ドル(約560億円)の支払命令が下されました。

Apple Must Pay $502.6 Million to VirnetX, Federal Jury Rules - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-10/apple-owes-502-6-million-to-virnetx-says-federal-jury-in-texas

VirnetXはいわゆるパテント・トロールとして知られる企業で、これまでにもMicrosoftやCiscoなどを訴えてきた「実績」を誇ります。VernetXは、Appleに対してFaceTime、iMessage、VPN on DemandなどiPhoneで採用する技術が自社の知的財産権を侵害しているとして、2010年来、Appleと特許侵害訴訟を繰り広げてきました。Apple対VirnetXについては、一度、6億2600万ドル(約670億円)もの賠償命令が下っていました。

Appleが738億円もの支払い命令でパテント・トロールの餌食に、一体どんな特許なのか? - GIGAZINE


その後、連邦裁判所は上記1審判決を破棄し、テキサス州の連邦裁判員は損害賠償額を3億2240万ドル(約340億円)に半減する決定を下していました。今回は上記訴訟とは別に並行して審理されている知的財産訴訟で、テキサス州連邦陪審は5億2060万ドル(約560億円)の賠償命令を下しました。VirnetXのケンダル・ラッセンCEOは、「証拠は明らかだった。真実を伝えるだけで、何も心配する必要はなかった」と決定に満足しているとのこと。なお、VirnetXの2017年の売り上げ高は約100万ドル(約1億1000万円)であり、500億円を超える賠償命令を勝ち取った直後にVirnetXの株価は時間外取引で44%も高騰しています。

ただし、この判決が出される前にVirnetXが知的財産権侵害の理由に挙げる一部特許の無効審判が下されていることから、Appleはこれを理由に控訴するとともに賠償金の支払いを拒否する見込みだとのこと。AppleとVirnetXとの裁判は、まだまだ続いていくことになりそうです。

・関連記事
Appleに対する特許賠償金640億円の支払い評決が棄却、金額を再審理へ - GIGAZINE

Googleに1兆円の損害賠償請求したOracleが控訴審で逆転勝訴 - GIGAZINE

「Appleより15年以上前にiPhoneを発明した」と主張する男性がAppleを提訴、賠償金は1兆円オーバー - GIGAZINE

Appleがパクリだと訴えられた中国訴訟が解決、やっとiPhone 6の販売再開へ - GIGAZINE

iPhoneの「スライドでロック解除」に関する訴訟でAppleがSamsungに勝訴 - GIGAZINE

AppleとQualcommの泥仕合がさらに進展、今度はQualcommがiPhone 8/Xの輸入停止を求める訴訟を起こす - GIGAZINE

14年間もネットを震撼させ続けたEolas社の恐るべき特許とは? - GIGAZINE

「パテント・トロールとは何か?」をわかりやすく解説したムービー - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   メモ, Posted by logv_to