ネットサービス

丸3日インターネット接続できなくなるレベルの大規模ネットワーク障害が発生、そこから見える問題点とは?

by U.S. Pacific Fleet

ヨーロッパの西部とアフリカ西岸を回る海底通信ケーブルシステムがACE(African Coast to Europe)です。2018年3月30日にACEケーブルの一部が損傷し、アフリカ西側諸国に大規模なネットワーク障害が発生しました。今回のネットワーク障害からアフリカのインターネット接続状況の問題点が見て取れるとDNSサービスのOracle+Dynが指摘しています。

ACE Submarine Cable Cut Impacts Ten Countries | Dyn Blog
https://dyn.com/blog/ace-submarine-cable-cut-impacts-ten-countries/


フランスから南アフリカまでを接続するACEは1万7000kmを超える長さを誇り、最大5.12Tbpsの通信が可能で、19の電気通信事業者・団体によって2012年12月から運用されてきました。以下の地図で、オレンジ色で描かれる線がACEケーブルです。


2018年3月30日、ACEからケーブルを引き入れている22カ国のうち10カ国に大規模なネットワーク障害が発生しました。以下のツイートでは、「モーリタニアの首都ヌアクショット付近でケーブルが損傷したために障害が起こった」と言及されています。


以下の図はACE以外の海底ケーブルシステムを利用していないシエラレオネ・モーリタニア・リベリア・ギニアビサウ・ギニア・ガンビアの接続状態を表したグラフです。シエラレオネ(上段左)のグラフを見てみると、3月30日に障害が起こってから少しずつ回復するも、4月1日で完全にネットワークが途絶えてしまっている状態が確認できます。また、損傷部分に最も近いとされているモーリタニア(上段右)では、3月30日からおよそ3日にわたって回線がほぼストップしてしまっています。一方で、リベリア・ギニアビサウ・ギニア・ガンビアは、シエラレオネやモーリタニアと比べるとケーブル損傷の影響は小さく済んでいます。これはACEに大きく依存しているシエラレオネやモーリタニアに比べ、他の4か国では海底ケーブル以外に地上のケーブルや衛星通信も利用しているためです。


ベナンはACE以外にもSAT-3/WASC(South Atlantic 3/West Africa Submarine Cable)という海底ケーブルシステムからもネットワークを確保しており、同時に地上・衛星での通信も行っているため、国内のネットワークで影響を受けたものは全体の1/10以下という比較的小さい規模で済みました。


Oracle+Dynのインターネット調査・分析担当のデヴィッド・ベルソン氏は、今回のネットワーク障害から「各国がどれだけACEに依存しているのか」が浮き彫りになると指摘しています。今回の海底ケーブル損傷のようなケースで生じる影響を少なくするために、アフリカの西側諸国にあるインターネットサービスプロバイダーは海底ケーブルに依存するのではなく、国間での地上ケーブルによるネットワークや衛星通信も利用して国際的な冗長性を持たせるべきだと主張しています。

・関連記事
Googleが全長9000km・秒速18テラビットの海底ケーブル敷設計画に投資 - GIGAZINE

秒速60テラビット超爆速光ファイバー海底ケーブル「FASTER」陸揚げ作業現場潜入レポ、アメリカとつながるケーブルの一端や中継局の中はこんな感じ - GIGAZINE

インターネットを支える海底ケーブルを巡る知られざる盗聴戦争とは? - GIGAZINE

インターネットの世界初広域障害発生事件の経緯とは? - GIGAZINE

PSNがDDOS攻撃を受けて障害発生、犯人を名乗る人物の次の標的はXbox Liveへ - GIGAZINE

セガ「ファンタシースターオンライン2」の公式サイトがDDoS攻撃で閉鎖、ゲームサーバーも停止 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1i_yk