動画

お経にテクノ音楽やプロジェクションマッピングを合わせた「テクノ法要」を行う僧侶がいる


「堅苦しい」というイメージのお寺の跡取りから逃げ出したい……とDJ・照明の道を進んだ朝倉行宣さんが、17代目住職として跡継ぎ後に始めた「テクノ法要」が海外でも話題になっています。お経をテクノ音楽やプロジェクションマッピングと合わせ、「心に響く音楽」をお経で表現している様子がYouTubeで公開されています。

Japan’s DJ Monk Spins the Holiest Beats - YouTube


福井市東郷二ケ町にある照恩寺は、外から見ると普通のお寺。


しかし、中に入ると……


プロジェクションマッピングによって鮮やかな映像が映し出され、お経に合わせてテクノ音楽が流されています。


「音楽っていうのは、それによって気持ちが高揚して、感情が動くんですね。それが1種の恍惚(こうこつ)感にもなります」「心に響く音楽が大事だと思うんです」と語るのは……


照恩寺の住職である朝倉行宣さん。


お寺は540年前に建立され、朝倉さんは17代目の住職になるとのこと。


小さい頃は「お前は跡取りだからお寺を継ぎなさい」と言われるのが嫌だったという朝倉さん。20代前半は、お寺は古くさい、辛気くさい、堅苦しいというイメージがあったそうです。


何とかお寺を抜け出したい、ということでDJや照明の仕事を始めたとのこと。


しかし、仕事を続けるうちに「照明やDJが素晴らしいものを伝えるものだとすれば、僧侶と何ら変わらないな」と考えるようになったそうです。


次第に「僧侶という仕事も素敵なのではないか?」と思うようになり、お寺に戻ってきたといいます。


そして、参拝客が少なくなってきた現状を受け、冗談のような感じで「お経にリズムトラックをのせ、その音楽をベースに照明やプロジェクションマッピングでお寺の中を装飾する」という試みをスタート。


朝倉さんのつとめは「テクノ法要」と呼ばれているそうです。


最初は近隣住民だけだったのですが、ウワサがウワサを呼び、今では何百人という人がお寺に集まってくるようになりました。お参りに来る人の年齢層は幅広く、子どもからお年寄りまで、親子3代でお参りしている人もいるとのこと。


「テクノ法要がいつまで続くのはわかりませんが、できる限りやっていきたいなとは思っています」と朝倉さんは語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
仏僧が1ヶ月かけて砂で描きあげる曼荼羅(マンダラ) - GIGAZINE

世界の色々な宗教をミックスしてできたベトナムのカオダイ教総本山に行ってきた - GIGAZINE

80メートルの高さを誇る、巨大な竜が巻き付くピンク色の奇妙な塔の正体とは? - GIGAZINE

「ドラえもん寺」など日本だったら怒られそうなタイのお寺4つ - GIGAZINE

「瞑想」がもたらす科学的効果とは? - GIGAZINE

マイクロチップや電子部品を使ったマンダラ「Technological mandala」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.