動画

コーヒー以外は何も飲まず食わずで一日を過ごすと人はどうなるのか?


仕事の合間や車を運転する時、デザートを楽しむ時など、多くの人が日々コーヒーを飲んでいますが、コーヒーが人々の健康にもたらす功罪については諸説あり、良い影響と悪い影響が混在している状況です。それでは果たして「丸一日コーヒーだけで過ごしたらどうなるのか?」という考察を、生活に関する科学を解説するYouTubeチャンネルLife Nogginがムービーにまとめています。

What If You Only Drank Coffee? Ft. WheezyWaiter - YouTube


アメリカ人の実に60%が毎日数杯のコーヒーを飲んでいます。しかし、ほかに何も飲まず食わずで「コーヒーしか飲まない」という状況になると、人間はどうなるのでしょうか。


そこで、Life Nogginの協力者である「WheezyWaiter」ことクレイグさんがその謎に挑みます。なお、ムービーには「ご自分では試さないでください」という注意が添えられています。


まずは午前7時にこの日1杯目のコーヒー。このムービーでは、「1杯のコーヒー」を8オンス(約230ml)と定めています。


クレイグさんが飲んだコーヒーは速やかに消化管で吸収され、中に含まれる成分が体に取り込まれます。


コーヒーに含まれるカフェインは中枢神経を興奮させる作用があり、脳内で特定の化学物質の分泌を促すことで脳の活性化をもたらします。


ここでクレイグさんが語ります。「もしあなたがコーヒーを飲むことで便意をもよおす『アンラッキーなコーヒー愛飲者』の一人だとしたら、コーヒーばかり飲んでいると休憩を多く取ることになるだろうね。これは、人によってはコーヒーを飲むことで胃の中の酸性度が上がり、消化プロセスが促進されると考えられているから」


「この時点では、僕はとても機敏で集中している。コーヒーがセロトニンやドーパミン、アドレナリンといった物質を分泌してくれるから、仕事がとてもはかどるよ」


「しかし一方で、心拍数が上がる、血圧が上がる、呼吸数が増える、目がヒクヒクするなどの悪い影響が出ることもある」


「僕の運動学習にも影響がおよび、キーボードのタイピングのような動作が難しくなってくる」


「また、脳の血流量が下がってくることを感じることもある。これは脳が最も良く活動するのに必要な血液が供給されないことを意味する」


「そうなると、僕は不安な気持ちになったり、ソワソワしてきたりするね」


「『俺に話しかけるな!』というふうに声をあげたり、みたいな」


ここで、クレイグさんがすでに8杯分のコーヒーを飲んでいると仮定しましょう。これにより、クレイグさんは800ミリグラムのカフェインを摂取したことになります。


アメリカのFDA(食品衛生局)は、一般的な人であれば1日に400ミリグラムのカフェインが適量であるとしています。普通の食事をしている場合、この基準はそれほど気にする必要はありませんが、コーヒーだけで1日を送っているクレイグさんの場合は大問題。


カフェインを取り過ぎたクレイグさんは、頭痛や胃のむかつき、情動不安、筋肉のけいれんなどを感じることになるでしょう。


また、1杯分のコーヒーにはわずか5kcalのエネルギーしかありません。そのため、クレイグさんはおなかがすいて力が出ない状態になるでしょう。「気分はどう、クレイグ?」


「このまま行くと、夜ベッドに入る頃には15杯もコーヒーを飲むことになる!そうしたら、僕はきっと眠りにつけないよ!」


「これは推奨された一日の摂取量を完全に上回ってる、ということは『コーヒー中毒になるんじゃないか?』という疑問に行き着くんだ!どうなんだ!?」と、やたらと落ち着かない状態のクレイグさんが取り乱します。


「過剰摂取の問題に関しては5グラムのカフェインを摂取することで昏睡状態が誘発されることが研究でわかっている!」


「しかし別の研究では1グラム分のカフェイン摂取で心臓発作のリスクが増加することもわかっている!」と口早にまくし立てるクレイグさん。


「また発熱や呼吸困難、けいれん、心臓の苦痛のような比較的マシな影響が出ることもある!Oh...Oh...」と困ぱいした状態でクレイグさんは倒れてしまいました。


次に、長期間におけるコーヒーの影響を見てみましょう。


この問題はさまざまな議論が行われており、適量のコーヒーを飲むことにはアルツハイマー病やパーキンソン病、2型糖尿病や複数のガンのリスクを下げることとの関連があることがわかっています。また、毎日適量のコーヒーを飲むことで、自殺のリスクを50%も下がることも明らかにされています。


しかし、長期的視点で見た時のコーヒーの効果は、必ずしも良いものばかりではありません。コーヒーの長期摂取により、心不全や潰瘍、幻覚、不妊、さらに前頭葉の機能不全といった症状を引き起こす可能性も示唆されています。


ここでクレイグさんが復活。「どのぐらいのコーヒーの量で健康が害されるのかは、誰にもわかりません」


「30年にわたる追跡調査を行った研究からは、一週間あたり28杯のコーヒーを飲むことで、死亡リスクが男性の場合は50%、女性だと200%も上がることが示されています」


「お気に入りのコーヒーショップに行く時は、このことをよく心に入れておきましょう」


カップに書かれた名前が間違っているのを見て、「俺はグレッグじゃない!クレイグだ!」と感情が不安定になっている模様。コーヒーを飲み過ぎたためでしょうか。


「あなたはどのぐらいの量のコーヒーを飲んでいますか?飲み過ぎてはいませんか?」という問いかけで、ムービーは締めくくられていました。

・関連記事
諸説ある中で結局「コーヒーは健康にとって良いもの」なのか? - GIGAZINE

「もしコーヒーのコマーシャルが正直な内容を伝えてしまったら?」を描く少し過激なCM風ムービー - GIGAZINE

ラッパーが世界一高級なコーヒー「コピ・ルアク」を高級マシンで淹れて飲むとこうなる - GIGAZINE

コーヒーを愛する人たちの物語と6通りのコーヒー抽出法がわかるショートムービー - GIGAZINE

なぜ人はコーヒーを飲むのか? - GIGAZINE

うつ病や自殺の危険性低下・運動能力向上などコーヒーを飲むべき11の理由 - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by logx_tm