メモ

Amazonが総合格闘技UFCのPPVを販売、スポーツPPV重視の動きを加速


2018年3月3日に行われた総合格闘技「UFC 222」を、Amazonがペイパービュー(PPV)として有償ストリーミング販売を行いました。オリジナルコンテンツを含めて豊富なコンテンツを集めるAmazonは、既存のケーブルTV(CATV)を完全に置き換える存在になりつつあるとの指摘があります。

Amazon will start selling UFC pay-per-view fights - Recode
https://www.recode.net/2018/2/28/17060356/amazon-ufc-222-pay-per-view-deal-stream

Is UFC Testing The Waters With Amazon Pay-Per-View Streaming?
https://www.forbes.com/sites/trentreinsmith/2018/03/01/is-ufc-testing-the-waters-with-amazon-pay-per-view-streaming/#1383d299564a

UFCをPPVで試聴できるチャンネルはCATVなど複数あり、その一つにAmazonが加わりました。スマートフォンアプリやFire TVなどのSTB端末を接続したテレビなど、Amazonビデオの試聴環境であればUFC 222をPPVで購入して試聴できました。UFC 222のPPV試聴のためにAmazonの有料会員であるAmazon Primeメンバーである必要はなく、64.99ドル(約7000円)での1回買い切り制という一般的なPPV販売でした。

2017年にNFLの番組「Thursday Night Football」を配信したAmazonは、NFLと複数年契約のため入札に参加し5000万ドル(約53億円)で配信権を獲得したと報じられており、スポーツPPVへ本格参戦をしつつあると見られています。


スポーツ中継を強化するAmazonは、既存のCATVと同等の役目を果たし、CATVに取って代わる存在になりつつあると指摘されています。映画やTV放送だけでなくオリジナルコンテンツも充実させており、CATVと競合するサービスに成長しているからです。そして、スポーツや格闘技などのPPV配信は、CATVにとって大きな収益源になっているという事実があります。

例えば、2015年に行われたフロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオのボクシング中継では、CATV各社のPPV配信による売上は4億ドル(当時で約480億円)を超え、CATVの収益は全体の30%から40%だったと報じられており、CATVにとってスポーツや格闘技のビッグイベントのPPV配信はドル箱のコンテンツです。CATVを置き換えようとするAmazonがPPVに乗り出すことはごく自然なことだというわけです。CATVはPPV配信で割引きを受けるのが一般的で、Amazonも同様の割引きを受けられると予想されています。


なお、UFCを年間契約で放映するFOXとUFCとの間で結ばれていた放映権は1億6000万ドル(約170億円)だったとのこと。FOXとUFCとの7年間という長期の放映権契約は2018年末に切れ、FOXとUFCは新たに10年間の長期契約について話し合っています。しかし、新たな10年間の長期契約において、FOXが年間で2億ドルから2億5000万ドル(約210億円から270億円)での契約更改を求めたのに対して、UFCは年あたり4億2000万ドルから4億5000万ドル(約450億円から480億円)と大幅な放映権の値上げを要求しているとされ、交渉は難航中です。AmazonがUFCのPPVパートナーに参加したという事実は、UFCがパッケージ放送契約を解消して、NFLのような分割コンテンツでの配信を検討している可能性があるという予想もあります。

・関連記事
無料版のAmazonプライム・ビデオをAmazonが開発中とリークされる - GIGAZINE

Netflix・Hulu・Amazonプライムでユーザーが見ているコンテンツは全然違う - GIGAZINE

GoogleがAmazonのFire TVやEchoでYouTubeの提供を取りやめる強行に、2社の対立が加速 - GIGAZINE

「YouTube TV」はCATVの半額でテレビ放送をテレビ・スマホ・PCで視聴でき容量無制限の保存&有料放送配信にも対応 - GIGAZINE

36分で300億円以上のファイトマネー、メイウェザーVSパッキャオ世紀の一戦とは? - GIGAZINE

Amazonが360度動画を配信する「VRプラットフォーム」の開発へ - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logv_to