NVIDIAの新GPU「Turing」は仮想通貨マイニング用途となる可能性

By Mirko Tobias Schäfer

NVIDIAは2018年3月に「Turing」というコードネームの新しいGPUを発表する予定となっています。ゲーミング用GPUとなるのかなど詳細は不明ですが、開発コードネームの由来とGPU需要の傾向から、暗号通貨マイニング向けのGPUとなるのではないかと予想するメディアも登場しています。

Frenzied demand for Nvidia's graphic chips shoot prices through the roof
https://www.reuters.com/article/us-nvidia-results-research/frenzied-demand-for-nvidias-graphic-chips-shoot-prices-through-the-roof-idUSKBN1FT2AW

NVIDIA Turing is a Crypto-mining Chip Jen-Hsun Huang Made to Save PC Gaming | TechPowerUp
https://www.techpowerup.com/241552/nvidia-turing-is-a-crypto-mining-chip-jen-hsun-huang-made-to-save-pc-gaming

NVIDIAのGPUは非常に人気があり、オンラインで入手するには価格が定価の3倍に高騰するなど、品薄の状態が続いています。GPUはゲーマーが高精細な映像でシビアなタイミングでの操作を要求されるゲームに使用するものと考えられがちですが、複雑な数学パズルを解き、その解法を検証したり、Ethereumbitcoinなどの暗号通貨のマイニングにも利用されています。

By JD Lasica

NVIDIAのCFOであるColette Kress氏は「2018年2月8日(木)のGPUの在庫レベルが、暗号通貨マイナーの需要で非常に低く、歴史的な水準だった」と電話会議で語り、またモルガン・スタンレーのJoseph Moore氏が「暗号通貨マイナーの高い需要が収益とGPUの価格の両方を引き上げる要因になっている」と考えを述べています。つまり、GPUの高騰は暗号通貨マイナーの高い需要によるものであると示唆しています。

NVIDIAは「Turing」というコードネームのGPUを2018年3月に公開する予定ですが、このコードネームはこれまでのNVIDIAのGPUに付けられた命名規則とは異なるため、ゲーミング用のモデルではないと予測されています。「Turing」は第二次世界大戦下でドイツ軍の「Enigma暗号機」が生成した暗号文を解読した数学者の「アラン・チューリング」の名前に由来していると考えられます。

By Richard Gillin

海外メディアの「TechPowerUp」では、このコードネームの由来とGPUの需要の傾向から、暗号通貨マイニング向けのGPUとなるのではないかと予想していますが、具体的な詳細は明らかになっていません。

・関連記事
世界最大のBitcoinマイナーはマイニングマシン構築のためNVIDIAよりも大量のシリコン半導体を購入している - GIGAZINE

AMDのVega内蔵デスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」&「Ryzen 3 2200G」登場、GPU性能&価格でIntel製品を圧倒 - GIGAZINE

AMD製GPU内蔵のIntel・CPU「Core i7-8709G」のスペック情報が流出 - GIGAZINE

MacBook ProにAMDのハイエンドGPU「RX Vega 64」を外付け、macOSベータ版でも圧倒的なGPU性能を発揮 - GIGAZINE

世界初のAIプロセッサ「NPU」を搭載するSoC「Kirin 970」はモバイルAI時代を切り開く - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1j_ty