試食

とろとろのわらびもちとチョコやマスカルポーネアイスを重ねたセブン限定スイーツ「井村屋 ティラミスわらびもち」「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」を食べてみました


セブン-イレブンが井村屋と共同で開発した和洋折衷のアイスクリーム「ティラミスわらびもち」「抹茶ティラミスわらびもち」が、2018年1月23日(火)から登場しています。井村屋の独自技術によってわらびもちをそのままアイスクリームにしてしまったということで、一体どんな味なのか実際に食べてみました。

(PDFファイル)独自技術で「わらびもち」をアイスクリームに!『ティラミスわらびもち』『抹茶ティラミスわらびもち』発売
http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/021/493/2018011901.pdf


さっそく「井村屋 ティラミスわらびもち」「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」を入手しました。


「井村屋 ティラミスわらびもち」(税込224円)は茶色が基調のパッケージとなっています。


原材料はこんな感じ。マスカルポーネチーズ、コーヒーソース、本わらび粉の名前が見られます。またわずかに洋酒も入っていますが、洋酒由来のアルコール度数は0.1%未満とのこと。


1個当たりのカロリーは239kcalとなっています。


袋を開けて取り出します。


さっそくフタを開けてみたところ。ぐるりと5つのわらびもちが並び、その上から本当のティラミスと同じようにココアパウダーがふりかけられています。


「井村屋 ティラミスわらびもち」と長辺143.6mmのiPhone Xを並べてみたところ。


わらびもちはぷにぷにとした弾力をイメージしていたのですが、実際に食べてみると、かなりねっとりとした柔らかさでびっくり。


マスカルポーネチーズのアイスは甘く濃厚でコクがあり、チョココーティングと合わさってコーヒーの香りと苦みが口の中に広がります。洋酒が入っているとのことで、確かにアルコールの風味がわずかに感じられます。


アイスの中心部にはエスプレッソコーヒーソースが埋まっていました。


エスプレッソ特有の濃い苦みが、とろとろのわらびもちと濃厚なマスカルポーネアイスと絡みます。「井村屋 ティラミスわらびもち」は、マスカルポーネアイスの甘さとコーヒーの苦さがわらびもちの不思議な食感の上に両立する大人のスイーツでした。ただし、和洋折衷というよりは、かなりティラミスに寄せている印象です。


「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」(税込224円)は、抹茶らしく緑色が基調のパッケージです。


原材料名には抹茶や本わらび餅、マスカルポーネチーズの名前があります。また「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」にも洋酒が入っていますが、こちらも洋酒由来のアルコール分は0.1%未満とのことでした。


1個当たりのカロリーは203kcalで、「井村屋 ティラミスわらびもち」よりもわずかに低めとなっています。


さっそく袋を開けて取り出します。


フタをめくると、チョココーティングからわらびもちが5つ見えていて、その上から抹茶がふりかけられています。


さっそくわらびもちをすくってみます。上層のコーティングは抹茶生チョコとのことで柔らかく、すっとスプーンが入ります。


とろとろのわらびもちと抹茶生チョコレートのコーティングを絡めて食べると、冷たい和のスイーツの味わいに仕上がっていました。また抹茶生チョコレートの舌触りはなめらかで、わらびもちのとろりとした食感ともよく合います。


マスカルポーネアイスも一緒に食べてみます。「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」のマスカルポーネアイスには抹茶が練り込まれているとのこと。また、宇治抹茶を使っているという抹茶生チョコレートは香りが高く、抹茶の苦みもしっかりとあって、濃厚で甘いマスカルポーネアイスと合わせてもくどくありません。


「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」の中央部には抹茶ソースが埋まっていました。


わらびもちに抹茶ソースを絡めて食べると、抹茶本来の味わいがより強調されます。「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」は、わらびもちの食感と抹茶の香り、そしてマスカルポーネアイスの濃厚なコクとわずかに香る洋酒の風味が合わさって、新しい和洋折衷スイーツとなっていました。


「井村屋 ティラミスわらびもち」「井村屋 抹茶ティラミスわらびもち」はセブン-イレブンの全国店舗で、2018年1月23日(火)から販売されています。

・関連記事
爽快なミントと甘いチョコがマッチするセブン限定スイーツ「チョコミントの和ぱふぇ」「ざくざく食感チョコミントシュー」を食べてみた - GIGAZINE

24種類のチョコミントクレープが存在するヒステリックジャムで「チョコミントクレープ」と素材の味をとことん生かした「ホットバターシュガークレープ」を食べてみた - GIGAZINE

「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた - GIGAZINE

白玉やケーキなどのトッピングを自由に組み合わせて1万2000通り以上のオリジナルパフェが作れる「ことたま」に行ってきました - GIGAZINE

京都ぎおん徳屋本店のねろ~んとした「本わらびもち」と「お番茶のかき氷」を食べてみました - GIGAZINE

知る人ぞ知る峠のわらび餅専門店「一軒家」で夏の終わりを感じつつわらび餅を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk