世界最大級のゲームイベント「BlizzCon2017」が開幕、Blizzardゲーマーたちの熱狂具合を現地レポ


Blizzard Entertainment(ブリザード)が開催するゲームイベント「BlizzCon2017」が現地時間の2017年11月3日(金)に開幕します。今年で11回目の開催となるBlizzConは、例年通り数分でチケットが完売する圧倒的な人気。ブリザードのゲームファンを熱狂させる祭典に参加してみました。

BlizzCon 2017
https://blizzcon.com/en-us/

◆開幕前日(2017年11月2日)の会場の様子
会場は今年もアメリカ・カリフォルニア州アナハイムのコンベンションセンター。


通りを挟んだ向かいがディズニーリゾートになっています。


開幕前日の2017年11月2日、すでにゲーマーたちが会場周辺に集まっていました。


大半の人が背負っているBlizzardのデイパック。Hearthstone(ハースストーン)やOverwatch(オーバーウォッチ)のバッジをつけています。


Blizzard Gear Storeで購入できるGoody Bagは45ドル(約5100円)。Virtual Ticket(バーチャルチケット)を含むBlizzCon参加者は35ドル(約4000円)のディスカウント価格でゲット可能です。

Grab Your Epic BlizzCon® 2017 Goody Bag - BlizzCon 2017
https://blizzcon.com/en-us/news/21047790/grab-your-epic-blizzcon-2017-goody-bag


コンベンションセンター正面は、完全なBlizzCon仕様。


BlizzCon2017は、「World of Warcraft」「Starcraft II」「Diablo III」「ハースストーン」「Heroes of The Storm」「オーバーウォッチ」の大看板がデデーンと飾られています。


記念撮影するファン。


ファンは広場で交流を深めている模様。


コスプレイヤーやBlizzardゲームのアイテムを手にする人も多数いました。


Food Truckも待機。


すっかり前夜祭モードになっていました。


数分で完売したBlizzCon2017チケットですが、Virtual Ticketはまだ購入可能です。

BlizzCon® 2017 Virtual Ticket - BlizzCon - Blizzard Shop
https://us.shop.battle.net/en-us/product/blizzcon-virtual-ticket


◆BlizzCon2017 第1日目
開幕当日のコンベンションセンター前。開場まであと1時間の時点でこんな状態。


正面の通りを埋め尽くすゲーマーたち。


開場の9時を待ちます。


オープニングセレモニーは、現地時間11時(日本時間の2017年11月4日午前3時)からスタートします。


オープニングセレモニー前に会場をぐるりと回ってみました。

StarCraftの世界大会のトーナメントステージ。見渡す限りの観客席は、まだひっそり。


ステージ前にはトロフィー。


World of WarcraftをプレイするデモPCは、700台あるとのこと。Heroes of the Stormやオーバーウォッチなど、各ゲームごとにデモPCが用意されています。


オーバーウォッチの世界大会が開催されるOverwatch Arena。


選手のいないステージの周りに、すでに観客が埋まりつつありました。オープニングセレモニーのステージ発表を待っている模様。


BlizzCon会場には、ゲームキャラクターの等身大フィギュアがそこかしこに飾られていました。


◆オープニングセレモニー
11時からオープニンセレモニーが始まり、マイケル・モーハイムCEOが登壇。地鳴りのような歓声に迎えられてBlizzCon2017が開幕しました。


モーハイムCEOからは「Starcraft 2」の無料化が発表されました。

PCゲーム「StarCraft 2: Wings of Liberty」無料化がBlizzCon2017で発表される - GIGAZINE


World of Warcraftのシネマティックトレーラー「Battle for Azeroth」を公開。

World of Warcraft: Battle for Azeroth Cinematic Trailer - YouTube


ハースストーンには拡張パック「Kobolds & Catacombs(コボルトと秘宝の迷宮)」が発表されました。


ダンジョンで枝分かれした状況を再現。二つのいずれの道を選ぶかをユーザーが決め、ストーリーが展開されます。


オーバーウォッチ関連では新キャラクター「Moira(モイラ)」が登場。

オーバーウォッチの新キャラ「Moira(モイラ)」をBlizzardが発表、回復と攻撃を兼備 - GIGAZINE


ショートアニメ「Honor and Glory」も公開されました。

Overwatch Animated Short | “Honor and Glory” - YouTube


新マップ「Blizzard World」が登場。

[COMING SOON] Blizzard World | New Hybrid Map | Overwatch - YouTube


HanzoがHeroes of the Storm加わることになりました。なお、以下のムービーに登場するWorld of WarcraftのAlextraszaもHeroes of the Storm入りする予定です 。

Dragons of the Nexus – BlizzCon 2017 Hero Trailer - YouTube


そして、World of Warcraftのプレゼンテーションでは、新拡張パック「Battle For Azeroth」とともに、「World of Warcraft Classic」のトレーラーが公開されました。

Blizzard公式によるWoWバニラ「World of Warcraft Classic」のリリースがBlizzCon 2017で示唆される - GIGAZINE


◆メインステージ
オープニングセレモニーが終わると、観客は各ゲームのステージになだれ込みます。


どこも人だらけ。一体何万人のゲーマーがいるのか……


何重にも連なる列。


デモPCを待つ列でした。デモPCはいずれも満席状態。オープニングセレモニーで発表された各ゲームの新機能を熱心に試していました。


オーバーウォッチアリーナは、入り口まで長く続く列。世界大会が開催されており、入場制限がかかっている模様。


中では中国チームVSフランスチームによる白熱したバトルが繰り広げられていました。


超満員の観客席。ステージを360度ぐるりと取り囲みます。


熱いバトルを見つめるコスプレイヤーも。


オーバーウォッチ世界大会の様子は、アリーナ外の大ビジョンでパブリックビュー状態で多くの人が観戦していました。


BlizzConにはコスプレイヤーも大挙しています。


レベルの高い人は、写真撮影を求められていました。


コスプレイヤー同士の交流も盛んなようです。


メインステージから離れた場所にある北ステージ


長い列に並ぶ人たち。


「CAPSULE TOY DEPOT」という自販機に並んでいるようです。


こんな感じでカプセルが詰まっています。


みな膝まづいて夢中でカプセルをゲットしていました。


タトゥー風にペイントしてもらう人や……


メイクをしてもらう人。


オープニングセレモニーが行われたMYTHIC STAGEでは、ゲーム開発者のトークショーに多くのファンが聞き入っていました。


WoWの「Battle For Lordaeron」というジオラマ。


小さなフィギュアが戦っていました。


「世界最大のジオラマ」というギネス記録を受賞したとのこと。


ロープで釣り上げられたカメラによって……


バトルを上空から見ることができます。


BlizzConはゲームクリエイターとのファンの距離も非常に近いのが印象的。


アートギャラリーにはLich Kingの兜など、ファン垂涎のアイテムが展示されていました。


そして、MYTHIC STAGEで行われたイベントでは……


コスプレ・ガチ勢が、高いクオリティの衣装を披露しました。


ウィナー


勝利のキス。こうしてBlizzCon 2017の初日が終了しましました。

・関連記事
世界中からガチ勢が集まるお祭り騒ぎの世界最大級eスポーツイベント「Blizzcon 2016」に行ってみました - GIGAZINE

賞金1億円の世界大会につながる国内最大級のeスポーツイベント「ハースストーン日本夏季選手権」取材レポ - GIGAZINE

賞金2500万円を18歳のプレイヤーが獲得、規模が桁外れのeスポーツ「ハースストーン世界選手権」を見てきました - GIGAZINE

「日本でeスポーツが流行るには世界で活躍する日本人が必要」、超人気ゲーム「ハースストーン」の開発者ジェイソン・チェイズ氏インタビュー - GIGAZINE

Blizzardのアジア地域を統括するマイケル・フォン氏に日本市場・eスポーツの展望・Blizzardのゲーム作りの理念などを聞いてきました - GIGAZINE

56

in 取材,  ソフトウェア,  動画,  ゲーム, Posted by logv_to