「Firefox 53」正式版リリース、セキュリティと性能を向上させる「Project Quantum」のコンポジターを搭載

by mera

ウェブブラウザ「Firefox 53」の正式版(デスクトップ版(PC・Mac・Linux向け)がリリースされました。このバージョンをもってWindows XP・Windows Vista・32ビット版 OS Xへの対応が打ち切られます。

Firefox をダウンロード — 自由なウェブブラウザー — Mozilla
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

Firefox — Notes (53.0) — Mozilla
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/53.0/releasenotes/

Firefox 53: Quantum Compositor, Compact Themes, CSS Masks, and More ★ Mozilla Hacks – the Web developer blog
https://hacks.mozilla.org/2017/04/firefox-53-quantum-compositor-compact-themes-css-masks-and-more/

◆デスクトップ版のダウンロード
・Windows版(42.2MB)
https://download.mozilla.org/?product=firefox-53.0&os=win&lang=ja

・Mac OS X版(55.8MB)
https://download.mozilla.org/?product=firefox-53.0&os=osx&lang=ja-JP-mac

・Linux版(57.8MB)
https://download.mozilla.org/?product=firefox-53.0&os=linux&lang=ja

◆新機能

・新たなコンポジタープロセス (Quantum Compositor) の追加によって、Windows 上で グラフィックス関連の安定性が向上しました。

Mozillaではブラウザのセキュリティとパフォーマンスの大幅改善を目指す次世代のウェブエンジンとして「Project Quantum」の開発を行っていて、2017年末までに提供予定。Firefox 53(Windows版)では「Quantum Compositor」が搭載されることで、グラフィックス関連の安定性が向上するとのこと。

・Firefox Developer Edition のテーマを元にした、明るめと暗め 2 種類の新しい「コンパクト」テーマが利用可能となりました。

いずれも、標準のテーマよりも表示面積が広くなります。


・プライベートブラウジングウィンドウにも軽量テーマが適用されるようになりました。
・リーダーモードにページの予想読了時間を追加しました。

「表示」から「リーダービューで開く」で記事をリーダーモードに切り替えると、「4分」など読み終わるまでの予想時間が表示されるようになっています。


・Windows 7 以降の 64 ビット版 OS ユーザーは、スタブインストーラー上で 32 ビット版と 64 ビット版を選べるようになりました。


◆変更点

・脆弱性40件を修正(深刻度「重大」9件、「高」20件、「中」7件、「低」4件)
・許可設定通知に よりすっきりとしたデザイン を採用し、簡単に見過ごされないようにしました。

各種通知設定のポップアップが以下のようなデザインに変更されています。


・Windows XP および Vista への対応は打ち切られました。Firefox 52 延長サポート版 (ESR) を使用している XP、Vista ユーザー には、あと 1 年セキュリティ更新の提供が継続されます。
・32 ビット版 OS X への対応は打ち切られました。32 ビット版 OS X ユーザーは Firefox 52 ESR へ乗り換える ことで引き続きセキュリティ更新を受け取れます。
・macOS 向け更新のダウンロードサイズが Firefox 52 と比較して小さくなりました。
・音声・動画コントロールのデザインを刷新しました。

Firefoxで音声ファイルや動画ファイルを開いた際に、以下のように表示されます。


・Linux 版では Pentium 4 や AMD Opteron 以前の古いプロセッサーを搭載したパソコンへの対応が打ち切られました。
・タブ上に表示されるページタイトルが長くて収まりきらない場合、省略記号を使う代わりにフェードアウトするようにして可読性を向上させました。

これまでタブ上にページタイトルが収まらない場合は、文末が「…」となっていましたが、Firefox 53では以下のようにフェードアウトして表示されます。


また、Firefoxでは「Nightly」「Aurora」「Beta」を経てRelease(正式版)が作られていましたが、「Aurora」の廃止が決定しています。これまで開発者向けエディションはAuroraがベースでしたが、今後はBetaベースに変更されるとのことです。

Simplifying Firefox Release Channels and Improving Developer Edition’s Stability ★ Mozilla Hacks – the Web developer blog
https://hacks.mozilla.org/2017/04/simplifying-firefox-release-channels/

・関連記事
「Firefox 52」正式版がリリース、WebAssemblyへの対応がスタートしセキュリティ機能も向上 - GIGAZINE

「Firefox 51」正式版がリリース、FLACやWebGL2がサポートされる - GIGAZINE

「Firefox 50」正式版がリリース、キーボードショートカットの更新やページ内検索機能を強化 - GIGAZINE

Firefoxを爆速化させる次世代ウェブエンジン「Project Quantum」をMozillaが発表 - GIGAZINE

127

in ソフトウェア, Posted by logc_nt