映画

名作映画のポスターをグラフィックデザイナーが再デザインしたらこうなる、という365作品「A Movie Poster A Day」


映画のコンセプトは維持したまま、映画のポスターを「ポップカルチャーとミニマリズムを融合させたデザイン」で再作成したらどうなるのか?ということで、グラフィックデザイナーのPete Majarichさんが実行した365日で365ポスターを作成するというプロジェクトが「A Movie Poster A Day」です。Majarichさんはプロジェクトを完遂させており、「なるほど、この映画はミニマルデザインだとこういう風になるのか……」と非常に興味深い365作品を見ることができます。

ポスターは以下のページから確認可能。新しいもの(365日目)から古いもの(1日目)の順に並んでおり、どんどん小さくなっていくスクロールバーとともにさかのぼると、作品の雰囲気が365日の中でどのように変化していったのかも見ることができます。

A Movie Poster A Day
http://amovieposteraday.tumblr.com/


ということで、ポスターの一例は以下の通り。

260日目・40歳の童貞男
まずは公式ポスターを見てみます。「40歳の童貞男」の公式ポスターは、男性のいい笑顔をバーンと全面に出したデザイン。


一方、Majarichさん版はYの文字が女性の股間を描くという、シンプルかつユニークなデザインです。


225日目・英国王のスピーチ
日本語版公式ポスターはこんな感じで、英国王がマイクに向き合っています。


英語版にはこんな感じのポスターもありました。


そしてこれがMajarichさん版ポスター。マイクに背を向けているのが印象的です。


148日目・セブン
これが公式。


Majarichさん版は映画の肝となる部分を取り上げる形です。


157日目・羊たちの沈黙
これが英語版公式ポスター。


雰囲気は全く異なりますが、Majarichさん版も確かに映画を1つの絵でまとめています。映画のタイトルが写真に添えられるだけでハムが全くおいしくなさそうに見えてくるから不思議です。


154日目・キャスト・アウェイ
公式ポスターはトム・ハンクスを押し出す形。


一方、Majarichさん版はウィルソンを押し出す形です。


1日目・パルプ・フィクション
英語版公式ポスターはこんな感じ。


Majarichさんのポスターは作中のワンシーンを切り取って横向きに配置したものとなっています。


6日目・レクイエム・フォー・ドリーム
これが公式の英語版ポスター。


Majarichさんのものは似ているようで全く雰囲気の異なるポスターに仕上がっています。1枚の写真だけ使用してフォントで強弱をつけているところが、どことなく現代っぽい雰囲気。


7日目・インターステラー
これが公式ポスター。


Majarichさん版は情報量が少ないものの、映画を知っている人であればメッセージが伝わります。


11日目・インセプション
これが公式ポスター。


Majarichさんは多重階層の夢の世界をフラットデザインなレイヤーで表現。


10日目・ゼログラビティ
英語版公式ポスターはこんな感じ。


一方、Majarichさん版ポスターはこんな感じ。


15日目・シャイニング
これが公式ポスター。


Majarichさん版は非常に象徴的です。よく見ると迷路の中に映画のタイトルが隠れていました。


21日目・マッドマックス
以下はマッドマックス・怒りのデス・ロードのポスター。


丘の上にマックスが1人立っているというのがMajarichさんのデザイン。


43日目・ターミネーター2
これがターミネーター2の英語版公式ポスター。


日本のポスターはまた少し雰囲気が違います。


そして以下がMajarichさんのデザイン。アスキーアートでターミネーターが描かれました。


44日目・ソーシャル・ネットワーク
公式のポスターはこんな感じ。


Majarichさん版はミニマルが極まっていますが、確かに映画の内容をまとめています。


57日目・アポロ13
1995年公開のアポロ13の日本版ポスターはこんな感じ。


そしてMajarichさんのポスターがこれ。APOLLOのOの中に小さく「13」の文字が入った、洗練されたデザインです。


73日目・ AKIRA
公式ポスターが以下。


Majarichさん版ポスターのフォントは全て公式を踏襲、背景イメージだけ別です。


95日目・アイアンマン
これは公式と……


Majarichさん版で全く押し出す点が異なります。


97日目・マルコヴィッチの穴
これが公式ポスター。


Majarichさんのデザインはこんな感じ。全く別の切り口ですが、どちらも同じ事を伝えています。


117日目・バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
公式ポスターは以下のような感じ。


Majarichさん版はバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの象徴であるデロリアンに焦点を当てています。


122日目・ブラックスワン
これが公式ポスター。


Majarichさん版はよく見ると瞳の部分が映画タイトルになっていました。


365日目・トータル・リコール
公式ポスターが以下のような感じで……


Majarichさん版は映画の中でも強烈だったシーンを切り取っています。


なお、以下のムービーから流れるように作品を見ることもできます。

A Movie Poster A Day on Vimeo

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
過去から現在までの芸術的な映画のポスターあれこれ - GIGAZINE

有名な映画を絵文字で表現、ピクトグラムで表された映画のポスターいろいろ - GIGAZINE

週末の映画選びにお役立ちな毒舌批評「超映画批評」をランキング形式にした「超映画批評ランキング」 - GIGAZINE

よく見ると感心させられる遊び心にあふれた世界の秀逸なポスター24枚 - GIGAZINE

1930年~1940年代のイギリスで使われていたモダンなポスターあれこれ - GIGAZINE

in 動画,   映画,   デザイン,   アート, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.