NASAの宇宙食を一流シェフが調理するとどうなるのか


かつての「チューブ入り」「ペースト」だけではなく、かなり種類が豊富になった宇宙食が、シェフに手にかかるとどんな料理に変わるのかを実践したムービーがYouTubeで公開されています。

Award-Winning Chef Takes on NASA Space Food - YouTube


この試みは、シェフをNASAの宇宙食ラボへ連れて行って、そこにある素材で料理をしてもらおうというもの。


挑戦するのはヒューストンにあるUnderbellyのエグゼクティブ・シェフであるクリス・シェファードさん。右はジョンソン宇宙センター宇宙食ラボのヴィッキー・クローリスさん。


まず、シェファードさんはいくつかのパウチを選択。


1つ目は……


非常にオーソドックスなトルティーヤ。


これを細切りにします。


まるでパスタのような感じに。


続いては「鶏肉のピーナッツソース」。


かなり変わった香りがするようです。


この鶏肉は、そのまま先ほど細切りにしたトルティーヤの上にかけます。


続いてはパイナップル。パック詰めされていますが、とても新鮮だとのこと。


細かくカットして……


ピーナッツソースの上にのせます。


ワインと合わせて食べるようです。


味についてあまり言及していないような気がするのですが、組み合わせとしてはわりとおいしそうな感じがします。


これぐらいの手間なら宇宙でも料理できそう。

・関連記事
「宇宙食用アイスクリーム」は実はウソだった - GIGAZINE

ミシュラン2つ星レストランが3Dプリンターを導入して新たな料理に挑戦中 - GIGAZINE

国際宇宙ステーションでも食べられているらしい宇宙日本食ようかん「YOHKAN」試食レビュー - GIGAZINE

無重力の国際宇宙ステーションで野菜を種から育てて食べる実験が行われる予定 - GIGAZINE

スペースねぎま・スペースお稲荷さんなどが宇宙へ - GIGAZINE

ハウス、日本人宇宙飛行士用のレトルトカレー「SPACE CURRY」を発売 - GIGAZINE

96

in 動画,   , Posted by logc_nt