iOS9がすでにApple端末の75%で使われていることが明らかに

by Kārlis Dambrāns

Appleが開発者向け情報を更新し、この中で2016年1月時点でのiOS 9のシェアが75%に上っていることが明かされました。

App Store - Support - Apple Developer
https://developer.apple.com/support/app-store/


iOS 9 is now on a whopping 75 percent of Apple devices
http://thenextweb.com/apple/2016/01/12/ios-9-is-now-on-a-whopping-75-percent-of-apple-devices/


データは、2016年1月11日時点でApp StoreにてユーザーのOSが何かを調査して得られたもの。これによると、現在Apple端末で最も多いのはiOS9で75%、iOS 8が19%。それ以前のiOSは7%だとのこと。


最近のバージョンでは、Appleではアップデートファイルの容量を抑え気味だとのことで、これも多くのユーザーがためらいなく最新版へ更新することの背中を押しているのかもしれません。

なお、The Next Webは、サードパーティ製解析ツールであるMixpanelのデータとして、iOSユーザーの59%以上が2015年12月にリリースされたiOS 9.2を使っていることを明らかにしています。

すでに、この次のバージョンであるiOS 9.3のベータ版が開発者・テスター向けに公開されていて、その一般向け公開も待たれるところです。

・関連記事
iOS 9.3で搭載の「ブルーライトカット」や「マルチユーザー機能」など新機能はコレ - GIGAZINE

最新のiOS 9は旧型機iPhone 4sには少し厳しいOSであることが判明、アップデートすべきなのか? - GIGAZINE

無料でiPhoneのウェブブラウザ「Safari」上から広告を削除してしまう「Adblock Plus」を使ってみた - GIGAZINE

過去最大20万台以上の脱獄済みiOS端末がマルウェアに感染、アカウント情報が流出したと判明 - GIGAZINE

78

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logc_nt