ピックアップ

NTTドコモ2015-2016冬春新商品・新サービス発表会まとめ、「Nexus 5X」や世界初の4Kディスプレイ「Xperia Z5 Premium」が登場


2015年9月30日(水)12時よりNTTドコモの「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」が開催されます。2015年9月25日に「iPhone 6s/6s Plus」の販売がスタートし、同月30日にはGoogleの最新スマートフォン「Nexus 5X/6P」も発表されていますが、NTTドコモからリリースされる端末も魅力満点なハズということで、今回も実際に現地から新機種・新サービスをリアルタイム更新します。なお、記事を更新する度にGIGAZINE公式のTwitterFacebookGoogle+アカウントにて通知を行うので、フォローしておくと最新状況がいち早くわかってオトクです。

2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/2015_winter_feature/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_2015_winter_feature

NTTドコモの2015-2016冬春新商品・新サービス発表会が開催される会場はココ。


会場はこっちです。


既に人がズラリ。


会場内の様子はこんな感じ。


中継も発表会開始の15分ほど前からスタート。


加藤薫社長が登場。


NTTドコモは4月に新しいスローガン「いつか、あたりまえになることを。」を掲げました。本日も将来いつか「当たり前になる」新しいサービスを紹介していきます、とのこと。


本日の発表の流れは「新商品」「新サービス」「+d関連」という感じ。


今日の流れの一つ目は「新商品」ということで、4Kテレビが登場。


4Kの美しい映像が流れていきます。


4Kといえばテレビだったものが、スマートフォンでも見られるように。


スマートフォンを取り出した加藤社長。世界初の4Kディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium」です。


手のひらで4Kを扱う時代になり、透明感・奥行き感がある、躍動感のある映像が楽しめます。


ひかりTVも11月下旬から4Kコンテンツに対応。


4Kは3840画素。また、Xperia Z5 Premiumには4Kのアップスケーリングという機能もあり、フルHDなどのムービーや写真も4Kにアップスケーリングして見せてくれます。


次は「ネットワーク」ということでPREMIUM 4Gの紹介。


11月上旬からは受信時最大300Mbpsに。


対応端末は2つ。


1.5GHz、2GHz、800MHzの3帯域を束ねて高速化


実効速度が約4倍に。山の手線駅で9月から展開されています。


300Mbpsは約380都市でスタートし、2015年末には約600都市に展開される予定です。


続いて生体認証の話に。生体認証は端末6機種に対応。


対応サービスもいろいろあります。


ドコモケータイ払い加盟店。


そして次は、端末ラインナップの話へ。


まずはXperia。Xperia Z5 Premium、Xperia Z5、Xperia Z5 Compactが登場。


AQUOS ZETAとAQUOS Compactの2機種。


背面パネルはカスタマイズ可能です。


Galaxy Active neo


頑丈なモデルなので、落としてしまっても……


大丈夫。加藤社長もニッコリ。


arrows NX、arrows Fit


Disney mobile


ドコモケータイ


Wi-Fiルーター


発表されたばかりの「Nexus 5X」も登場、PREMIUM 4G対応モデルとして発売されます。


Androidスマートフォン&タブレットで利用できる「てがき翻訳アプリ」のデモも行われました。


「日本へようこそ」とスタイラスで書き込むと……


「Japan. Welcome」と表示されました。どうやら「へ」を小さく書きすぎて読み取られなかった模様。


文字を大きくすると、「Welcome to Japan」とちゃんと翻訳されました。


「天気はどうですか?」など少し長めの文章も翻訳されています。


各端末は本日から予約受け付け開始です。


続いて新サービスの話に。


約300の豊富なコースから自由に選んで体験ができるサービスが「すきじかん」。


毎月届けられる「すきじかんマガジン」に掲載された、陶芸、そば打ち、乗馬、クルージング、フラワーレッスン、スパ・エステといったコースから自由に選び、スマートフォンやタブレットで予約した後、同封されているチケットを体験提供施設に持参することで体験できるサービスです。


実際に加藤社長がそば打ち体験をしてきたとのこと。


そば作りの様子。


そばをこねてから実際に食べるまではこんな感じ。


続いて、ガラス工房体験記。


完成品が会場に。


すきじかんマガジン」はチケット1枚付きと2枚付きのプランがあります。


1枚だと月額税別6000円、2枚だと月額税別1万1000円です。


最後は「+d」関連


dポイントクラブアプリは12月開始。


dポイントについては11月中旬に詳細発表、12月1日(火)にスタートです。


各所と連携した取り組みを行っているところ。


映画会社直営型映像配信サービス「bonobo」、本日からサービス開始。


ABC Cooking Studioとの取り組み。


・質疑応答


フリーランス石野:
端末全体を見た時、スペックは抑え気味でリーズナブルな機種が多く入ってるように見受けられますが、その意図はどういったものなのでしょうか?また、この時期の新機種としてはいつも入っていたGalaxy Noteが入っていませんが、Note 3からの機種変更需要をどう捉えていますか?

加藤社長:
Galaxy Noteはについて一定のサイクルがあると思っています。今回はdtabに焦点を当てながら開発したので、時期を見て、タイミングを見ながら入れていきたいと思っています。

フリーランス山口:
Nexus 5Xを発表について。ドコモのサービスが入っていない特殊なモデルだと思いますが、以前Windowsスマートフォンを検討されてきて難しいという回答があって、ドコモのサービスが入れられないからと言う理由でした。今回、Nexusが発売されて、Windowsスマートフォンを発売されない理由があれば。

プロダクト部長 丸山:
Nexusはいい端末で、確かにドコモのサービスは入っていませんが、最新のAndroidを使いたいというお客様が一定層いるので導入しました。

山口:
Windows端末が発売される予定はないということでよいでしょうか?

丸山:
今のところ予定はないです。

時事通信:
冬春モデルの発表会ということですが、これで最大商戦期を乗り切るのでしょうか、端末の追加予定はあるのでしょうか。

丸山:
基本的にはこれで乗り切れると考えていますが、もしかすると追加はあるかもしれません。

加藤:
この世界、なにがあるかわかりませんので。


朝日新聞 内藤:
安倍首相が料金プランについて言及し、料金引き下げが話題になっています。ドコモもかけ放題プランを1000円に値下げしましたが、その打ち出し方が、政権が大手3社の横並びが問題だという中で、他2社に並ぶ形です。ある意味、政権が目指す方向とは逆行しているようにも見えます。最低価格も値上げという形になっていて批判も出ていますが、社長の見解は?

加藤:
決して逆行しているとは思っていません。先行したところとは競争関係なのでキャッチアップしました。1700円のかけ放題ライトに多く入られるのではないかと考えていましたが、5分という条件を意識される方が多いと考えています。もう少し市場の動向を注視しつつ、絶えず考えていきたいという状況です。

Engadget 津田:
Android 6.0へのバージョンアップについて頑張っていくとのことですが、冬春モデルはすべてバージョンアップするということですか?

丸山:
どの機種をいつやるかは別途発表します。従前から、グローバルモデルでバージョンアップしてから半年ぐらい遅れていたりするので、なるべくスピードアップしたいと考えています。

産経新聞 大坪:
海外のVoLTE対応が韓国からになった理由は?また、3キャリアの中で最初に海外VoLTE対応できた理由は何でしょうか?

丸山:
まだ全世界に広がっていないVoLTEを最初に韓国が入れて、次が日本。なので、韓国にお客様が多いことが理由ではないかと思います。技術的には未熟な部分があるので、韓国のキャリアと一種の開発みたいなものを進めつつやっていく予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
夏の新モデル勢ぞろいなNTTドコモ2015夏新サービス・新商品発表会まとめ - GIGAZINE

世界初の4K液晶に指紋認証、世界最速AFなど新生「Xperia Z5」シリーズが正式発表 - GIGAZINE

NTTドコモ2015夏モデル全機種全画像まとめ - GIGAZINE

ドコモの「iPhone 6s/6s Plus」は予約の事前登録、つまり「予約の予約」が可能 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   ピックアップ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.