ゲーム

Windows 10で復活する「ソリティア」のプレイ画面はこんな感じ


過去のWindowsでプリインストールされていたゲーム「ソリティア」は、Windows 8ではWindows ストアから無料ダウンロードして遊ぶ仕様になっていました。しかし、7月にリリースされる見込みのWindows 10では再びスタート画面からゲームを起動できるようになっているとのことです。

Windows 10: Microsoft overhauls solitaire and it's fantastic
http://www.neowin.net/news/windows-10-microsoft-overhauls-solitaire-and-its-fantastic

2015年4月にWindows 10のビルドである「Windows 10 build 10056」が流出し、写真やムービーなどが公開されましたが、ソリティアの情報もここから発見されたもの。ビルドに含まれる「Solitaire Collection」にはスタンダードなソリティアである「Klondike」や「Spider」「FreeCell」「Pyramid」があり、基本的には以前のゲームと同じですが、新たにチャレンジやテーマなども順次追加されていくようです。

ビルド10056に含まれてたSolitaire Collectionのスクリーンショットは以下のような感じ。


「ようこそ、Microsoft Solitaire Collection Previewのビルドへ」


2枚のカードの数字の合計が13になるようにし、ピラミッドのカードを消していくゲーム「Pyramid」


3つの山を作ってプレイする「TriPeaks」


場札となるカードを10列に並べる「Spider」


スタンダードな「Klondike」


画面左端にはメニューが現れ、ゲームの種類を変更することが可能です。


「Microsoft Solitaire Collection Preview」の画面ではゲームの種類を選べるほか、毎日のチャレンジや人とスコアを競い合うと見られる「Award and Achievements(賞と達成)」「Leaderboards(順位表)」や、「Themes(テーマ)」という項目も見られます。


なお、最新ビルド「Windows 10 Build 10074」が4月29日にMicrosoftによって公開されており、ISOファイルもダウンロード可能になっています。Windows VistaやWindows 7で使われていた磨りガラスっぽい半透明の「Aero Glass」が実装されている「Windows 10 Build 10074」は以下のムービーから確認可能。

Windows 10 Build 10074 - Improved UI, Cortana, Sounds + MORE - YouTube


実際にビルドの新機能を確認したユーザーによると、Windows 10 Build 10074で新しくなったソリティアを確認できたとのこと。なお、ダウンロードはMicrosoftの「Windows Insider Program(Windowsインサイダープログラム)」に参加している人のみ可能となっています。

・関連記事
あの時間泥棒ゲーム「ソリティア」をMicrosoftがiOS・Android向けについに正式リリースしたのでプレイしてみた - GIGAZINE

ソリティアと競馬を融合したゲーム「ソリティ馬」のすごさがわかる開発者インタビュー&実際のプレイムービーレビュー - GIGAZINE

「Apple II Watch」は往年の名機をすごいレベルでスマートウォッチ化 - GIGAZINE

スーファミ・PS1など40種類のゲームハードをプレイ可能なオールインワン型ゲーム機「MINI EMU」 - GIGAZINE

紀元前から現代まで続く「ボードゲーム」の歴史、爆発的人気の理由とは? - GIGAZINE

無料で2400タイトルものMS-DOSの名作ゲームがプレイ可能に - GIGAZINE

3000枚のフロッピーに入っていた歴史的に貴重なDOS用ソフトを配布中 - GIGAZINE

恐ろしいけどユーモアたっぷりのMS-DOSウイルスのムービー20本 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ゲーム, Posted by logq_fa