取材

発売開始から1年後も長い行列ができる「グランカルビー」の記者発表会に行ってきました


阪急うめだ本店のみで販売されるグランカルビーの極厚ポテトチップス「ポテトクリスプ」は、発売後1年ほどたった今も朝から行列ができるなど好評を博しています。そんなグランカルビーの新商品として「ポテトフリッツ」が2015年4月1日(水)から発売されます。リニューアルに先駆け、3月20日(金)に大阪の阪急うめだ本店で記者会見と試食会が行われていたので、さっそく行ってきました。

ニュースリリース 『GRAND Calbee春夏新商品 ポテトフリッツ』 | カルビー株式会社
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/150320.php

阪急うめだ本店に到着。


会見は13階のダイヤモンドホールで行われました。


会場には続々と報道陣が集まっており、注目度が高い様子。


新発売のポテトフリッツが展示されています。


時間になると会見が開始され、今回の新商品を販売に至った経緯の説明が始まりました。阪急うめだ本店では亀田製菓・グリコ・明治などの誰もが知っているお菓子を大手菓子メーカーと共同開発して販売しており、どのお菓子も夕方頃には品切れになるほど好評とのこと。今回はより顧客の話題になる商品を開発するため、グランカルビーの商品をリニューアルするに至ったそうです。


新しい商品はポテトフリッツ。現在のポテトクリスプとは形状が違い、春や夏向けの軽い食感を実現するために作られ、厚さそのままでサクサクした食感を目指した今までにない一品とのこと。


今回のリニューアルに伴い、春夏は軽い食感の「クリンクルスティックのポテトフリッツ」、秋冬はザックリした食感かつ厚切りの「Vカットのポテトクリスプ」が販売されます。さらに年に4回、季節ごとの「旬」を意識した新フレーバーを発売するとのこと。


従来のポテトクリスプは「しお」「濃厚バター」「トマト」「チーズ」「ほろにがビターチョコ」「NEW焦がしミルク」が発売されていましたが、新発売のポテトフリッツは「しお」「ふんわりバター」「トマト&バジル」「カマンベールチーズ」「ココア」「ブルーベリー」がレギュラーのラインナップとなっています。


4月1日(水)からは店頭で新商品の販売が開始されます。5月1日(金)からはグランカルビー公式ページから全てのフレーバーが入った「6箱ギフトボックス」のネット販売も始まります。ネット販売は「1日300個、1人3箱限定」とのこと。


ポテトフリッツのボックスを発見。1箱に1袋15gのポテトフリッツが4つ入っており、価格は1箱税込540円です。


6個入りのギフトBOXも販売されており、価格は税込3441円。


さっそく試食を開始。「しお味」はシチリア産の岩塩を使用し、かじった瞬間、岩塩がいも味を引き立てて「ほのかな甘味」が感じられるとのこと。


左がしお味の新しいポテトフリッツ、右が3月末まで販売する従来のポテトクリスプのパッケージです。


2つを開封して比べてみると、違いは一目瞭然。ポテトフリッツはざくざくとした表面は残しつつも軽い食感を目指し、阪急とカルビーが何度も試作を重ねたこだわりの逸品とのことです。


実際に食べてみると、以前のポテトクリスプ同様のサクサクとした食感は残しつつも、形状が変わったことで軽い食感に仕上がっています。同じ原料を使っていながら印象が大きく異なることが大きな驚き。特にしお味はポテトのほのかな甘味がよく感じられました。


「ふんわりバター味」は、北海道バターを100%使用し、軽い食感に合わせて作りあげられた一品。


食べる前は「バターが入るとこってりした味になるのでは?」と思っていたものの、バターの風味やコクは残しながらもこってりしすぎないバランスが絶妙。


「トマト&バジル」は、トマトの酸味とバジルの香りがイタリアンを思わせる風味とのこと。


トマトの旨味が既存のポテトチップスに比べかなり強く、ほのかな酸味とバジルの風味もよく効いており、おつまみにも良さそうな味。トマトの味が濃いので、トマトが好きな人には特にオススメです。


濃厚な味の「カマンベールチーズ味」は、北海道産のカマンベールチーズを66%使用。


カマンベールの風味やコクが本格的で、濃厚ながらこってりし過ぎることはなく食べやすい仕上がり。ワインと一緒に食べれば、ぜいたくな気分を味わえそうです。


店頭スタッフの試食で好評だったという「ブルーベリー味」は、酸味と甘味がポテトに絶妙にマッチしているとのこと。


食べる前は「ブルーベリー×じゃがいも」の組み合わせが想像がつかなかったものの、ブルーベリーの味が違和感なくじゃがいもにマッチしており、「今までにないものを作ろう」という阪急とカルビーのチャレンジ精神が垣間見える一品。デザート感覚で軽く食べられる、今までにないタイプのお菓子といえそうです。


濃厚なココアに香ばしい甘味をプラスした「ココア味」は、ショコラを思わせる大人向けのデザートチップス。


従来のチョコレートを使ったポテトチップスとは違い、甘味がほとんどなく、ココアの風味が前面に押し出された大人向けの味。ポテトのほのかな甘味がココアとよくマッチしています。


なお、ポテトフリッツは阪急うめだ本店では4月1日(水)、インターネットでは5月1日(金)からの販売。長蛇の列が予想されますが、今後ネットでも購入できるのは朗報です。

グランカルビー | カルビー株式会社
http://www.calbee.co.jp/grandcalbee/

・関連記事
通常の3倍厚いカルビー最厚の「ポテトクリスプ」を5時間並んで買ってみた - GIGAZINE

行列+整理券を乗り越えてGRAND Calbee限定「ポテトクリスプ」新作を買ってきました - GIGAZINE

ポテトチップスを肉の代わりに挟んでしまったバーガー「ポテトチップスサンド」をカルビーキッチンへ食べに行ってきました - GIGAZINE

開店後即完売となった阪急うめだ本店限定「メルティーキッス スノーギフト」を食べてみました - GIGAZINE

じゃがいもをらせん状にカットするあの「ポテトルネード」を目の前でぐるぐるしてもらいました - GIGAZINE

ジャガイモがマックフライポテトになるまでの工程をマクドナルドが公開 - GIGAZINE

ピンク色や紫色をした希少品種のじゃがいもを使ったカラフルなポテトチップが菊水堂より登場したので食べてみた - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by darkhorse_log