試食

濃厚なカスタードソースを使ったハーゲンダッツの「リッチカスタード」を食べてみました


ハーゲンダッツは以前に卵とカラメルソースを使った「カスタードプディング」のミニカップやマルチカップを販売していたことがありますが、2月3日(火)からカスタードソースを使った「リッチカスタード」を発売しました。ミルクに合わせた卵を使ったこだわりの一品とのことで、さっそく買って食べてみました。

ニュースリリース|会社情報|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs
http://www.haagen-dazs.co.jp/company/news/2014/12/23.html

リッチカスタードは卵の黄色を基調としたパッケージ。


カップにカスタードクリーム・牛乳・卵の絵が描かれています。


乳脂肪分は12.5%でミニカップのバニラ(15%)に比べ低いものの、卵脂肪分が2.9%入っています。原材料はクリーム・脱脂濃縮乳・卵黄・砂糖・カスタードソース(バニラビーンズシード入り)・バニラ香料・安定剤(ペクチン)など。


カロリーは1個(110ml)当り253kcalで、ミニカップのバニラ(244kcal)よりやや高め。


上ぶたを開封すると、ハーゲンダッツのマークが入ったビニールの内ぶたが出現。


さらにビニールの内ぶたを剥がすと、カスタードソースで模様が描かれたアイスクリームが登場。


よく見ると、カスタードソースには黒いバニラビーンズシードが確認できます。


スプーンをアイスの中に入れて確認してみましたが、中にもカスタードソースがしっかり入っているようです。


食べてみると、クリームや卵の味が強めに感じられ、他のハーゲンダッツよりも比較的甘め。夏に食べるとやや重く感じてしまいそうですが、冬に食べるにはちょうど良いくらいの味に感じられました。バニラもかなり多めに入っているので風味が良く楽しめます。


肝はなんと言ってもアイスに入るカスタードクリームで、適度に甘くトロッとした食感がグッド。シュークリームなどに挟まっているカスタードクリームほど卵は多く使われておらず、やや砂糖が多いようですが卵の味がしっかり味わえます。


なお、ハーゲンダッツのリッチカスタードの価格は税込284円で期間限定での販売。濃厚なアイスが好きな人なら買って間違いなさそうです。

・関連記事
日本では消滅したハーゲンダッツストアに行ってかつての限定フレーバーを食べてみた - GIGAZINE

ハーゲンダッツも認めたカチカチのアイスを溶かして食べやすくする「15.0%」のスプーンを使ってみた - GIGAZINE

30分以上もアイスクリームの食べごろを保てるアイス専用カップ&スプーン「Happy Ice Cream!」 - GIGAZINE

即日完売だったハーゲンダッツの数量限定「ヘブンリースプーン」試食レビュー - GIGAZINE

400回以上の試作を3年かけて繰り返し開発されたソフトクリーム「クレミア」を食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log