秋らしい素材を使ったハーゲンダッツの新作「紫いも&パンプキン」試食レビュー


ハーゲンダッツが10月7日(月)から新作の「紫いも」と「パンプキン」を販売します。紫いもは「ほっこりクリーミーなくちどけ」、パンプキンは「こっくり濃厚なくちどけ」だそうなので、近所のスーパーで買ってきてその口どけを味わってみました。

紫いも&パンプキン|商品情報|ハーゲンダッツ Haagen-Dazs
http://www.haagen-dazs.co.jp/murasakiimo_pumpkin/

パッケージは紫いもが紫色、パンプキンがオレンジ色で、並んでいるとアイス売り場でとても目立つ色。


紫いもの原材料はクリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、紫いもソース、紫いもピューレ、卵黄。乳脂肪分は13%。


カロリーは1個あたり263kcalで、ハーゲンダッツミニカップのバニラ(267kcal)とほぼ同じ。


開封すると薄紫色をしたアイスクリームと紫いもソースが確認できます。


アイスの中にまで紫色のラインが続いています。


口に含むとハーゲンダッツらしい濃厚なクリームの味が広がり、紫いもの味よりもクリームの味が勝る印象。紫いもソースはアイスクリームにうまくマッチしていて、素朴な味わいも感じられますが、とにかくクリームが濃厚で、「ほっこり」という表現はあまり当てはまらないような気がします。


パンプキンの原材料は紫いもとほぼ同じで、ソースとピューレがパンプキンに変わり、安定剤(ペクチン)が加わっています。使用しているかぼちゃはえびすかぼちゃ。乳脂肪分は13.5%で紫いもよりもちょっと高め。


1個264kcalというのは紫いもとほぼ同じ。


このアイスクリームをちょっと掘ると中央にパンプキンソースが埋まっているのが確認できます。


アイスクリームの下にはパンプキンソースが確認できます。食べてみることに。


口に入れて感じるのは紫いもに負けず劣らずのクリームの味で、わずかにキャラメルのような味を感じます。このクリームは紫いも同様濃厚ですが、後味としてかぼちゃのしっかりと感じることができます。しかし、濃い味を連続で食べるのはちょっと厳しいかも……。


価格は税込284円で期間限定での販売。紫いも・かぼちゃといった素朴な素材を使いながら「さすがハーゲンダッツ」というべき高級感のあるつくりに仕上がっています。ハーゲンダッツは明日10月8日(火)からセブンイレブン限定で抹茶アズキ味のジャポネ、12月上旬にはオペラシリーズを発売する予定となっています。

・関連記事
金箔が輝く濃厚チョコレートのビターな味が決め手、ハーゲンダッツ「オペラ」&深紅の「ショコラルージュ」を食べてみた - GIGAZINE

秋の訪れを感じるハーゲンダッツ期間限定商品ラムレーズン・アップルパイ試食レビュー - GIGAZINE

ハーゲンダッツの期間限定商品Cookies「ココアクッキー&コーヒーアーモンド」「バタークッキー&キャラメルスカッチ」試食レビュー - GIGAZINE

ハーゲンダッツ春夏の新作「抹茶トリュフ」「クリーミーミント」試食レビュー - GIGAZINE

好きなアイスクリームのフレーバーでその人の性格が分かることが研究で判明 - GIGAZINE

90

in 試食, Posted by darkhorse_log