ムービー

Oculus Riftの仮想空間でプログラミングしてリアルタイムで3Dアニメーションを作成


没入型3Dヘッドアップディスプレイの「Oculus Rift」向けに、JavaScriptライブラリーのthree.jsを使い仮想空間内で3Dアニメーションをリアルタイムで作成可能なライブコーディングWebアプリが開発されました。開発者のBrian Peirisさんは、実際にアプリを使って仮想空間内で3Dアニメーションを作成している様子をYouTubeに公開しています。

Live coding in VR with the Oculus Rift, Firefox WebVR, JavaScript and Three.js - YouTube


仮想空間にさっそうと現われたコードエディター。


カタカタカタとコードが入力されると……


仮想空間の上の方に黒いボックスが出現しました。


黒いボックスは小型化して、色が赤に変化。


さらにコードが入力されていき……


赤い立方体は9つに増えました。


位置をエディタで調整、9つの赤い立方体は3×3の隊列を組んだまま画面手前に移動してきました。


コードを入力すると、今度は上下に浮遊しながら波打つように動き出すブロック。


立方体の色が黒に変化した後……


波打の動きに合わせて色が少しずつ変化する、グラデーション効果が付け足されました。


グラデーション効果と立方体の数が調節されて6×6の形へと変化。


今度はボックスの動きを、ベースは波のまま、パターンだけが変更されていきます。


立方体の数をさらに増やしてグラデーションのパターンも変更されました。


グラデーションのパターンはそのままに、全体がぺったんこに。


1つ1つのブロックの間がキュッと縮められ、さらに1つ1つのブロックが浮遊する動きも変化がつけられて、表面に線の模様が出現。


ブロックの個数が増加して、ゆっくりと波打つように動く姿は空飛ぶじゅうたんのようです。


最後はグラデーションが黄色と紫に変化するように変更されました。


なお、Peirisさんが開発したライブコーディングWebアプリはGitHubで公開されていますが、Firefox向けにビルドされたWebVR APIを利用しているので、同ブラウザ上でしか動作しないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
没入型3Dヘッドアップディスプレイ「Oculus Rift」はステレオブラインドも克服する可能性 - GIGAZINE

没入型ヘッドアップディスプレイ「Oculus Rift」の次世代キット「DK2」が正式リリース、大幅な進化を果たす - GIGAZINE

「Oculus Rift」がFacebookに約2000億円で買収されたことが判明、MinecraftがOculus Rift版開発から撤退へ - GIGAZINE

Oculus Riftの市販間近モデル「Crescent Bay」は3Dサラウンド再生が可能 - GIGAZINE

あの日の思い出を再体験させてくれる力がOculus Riftには備わっている - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.