メモ

3400年前の世界最古の歌はどんなメロディなのか?


現時点で見つかっている最も古い歌は、1950年に発見された約3400年前の賛美歌です。この賛美歌の楽譜はシュメール語で書かれており、1972年に解読されたのですが、実際に演奏してみると、3400年という時間を感じさせない、思っている以上にポップなメロディだったりします。

The Oldest Song In The World - WFMU's Beware of the Blog
http://blog.wfmu.org/freeform/2006/12/the_oldest_song.html

Listen to the Oldest Song in the World: A Sumerian Hymn Written 3,400 Years Ago | Open Culture
http://www.openculture.com/2014/07/the-oldest-song-in-the-world.html


1950年代の初め、シリアの古代都市ウガリットにてある考古学者が紀元前14世紀頃に作られたであろう石板を発見、この石板にはフルリ人の使っていたくさび形の文字が書かれていました。そして、この石板には過去の祭式などで使用されたであろう「賛美歌」の楽譜のようなものが記されていることが判明します。

この賛美歌が解読されたのは1972年のこと。解読したのは、カリフォルニア大学でアッシリア学の教授を務めるAnne Draffkorn Kilmer氏で、石板に書かれた歌に「ド・レ・ミ」に相当する音階が存在することを発見し、「私たちは石板に書かれた文字を、楽譜用の記号とマッチさせることができます」と語っていました。

この解読内容は、それまでの古代音楽研究者たちの「七音音階の全音階は2000年前の古代ギリシャ人が発明した」という見解を真っ向から否定するものですが、Kilmer氏の同僚であるRichard Crocker氏は、ウガリットで見つかった石板が「西洋音楽の起源に対する考えを革新する」と、興奮気味に話しています。

石板に記されていた楽譜を基にして作られた「世界最古の歌」は以下のムービーを再生すれば聴くことができます。なお、曲のリズムは想像から生み出されたものとなっています。

The Oldest Song in the World - YouTube


なお、Kilmer氏とCrocker氏が石板から起こした歌は、その他の歌と共に「SOUNDS FROM SILENCE」という名前のCDとしてリリースされており、以下のページから購入することも可能です。

Bella Roma Music Store - Shop Online
http://www.bellaromamusic.com/store.html


聴いてみるとゲーム中などに流れてきても違和感なく口ずさんでしまいそうなメロディに感じます。

・関連記事
紀元前1600年ごろに作られた世界最古のチーズが発見される - GIGAZINE

世界最古の人間の脳が沸騰して保存された状態で見つかる - GIGAZINE

世界最古・44億年前のジルコン結晶体から明らかになってくる太古の地球 - GIGAZINE

150年以上の歴史を誇る世界最古の科学動物園「ロンドン動物園」はひと味違いすぎでした - GIGAZINE

イギリスで発見された世界最古の「髑髏杯(どくろはい)」、食人の形跡も - GIGAZINE

現存する世界最古の「モノポリー」に1200万円の値がつく - GIGAZINE

イランで発見された世界最古のアニメ - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by logu_ii