試食

「史上最厚」をうたうポテトチップス「コイケヤ ワッフルカット トリュフ&バター味」を食べてみました


湖池屋(コイケヤ)のチップスタイプの約3倍の厚さという独自形状のポテトチップス「ワッフルカット」に、新たに「トリュフ&バター味」が登場するとのこと。高級食材トリュフを使うという気合いの入れようと聞き、さっそく食べてみることにしました。

世界三大珍味の一つ“トリュフ”加えた 「ワッフルカット トリュフ&バター味」 高級食材を使用した、至福の香り漂う“史上最厚”のポテトチップス※当社比
http://koikeya.co.jp/news/detail/457.html


「ワッフルカット トリュフ&バター味」のパッケージは、つやけしでゴールドカラーを基調にしており、かなり高級感があります。


「史上最厚(当社比)」を高らかに宣言。


世界三大珍味のトリュフの「深い至福の香り」、そしてポテチは「ザクッと軽くホロッとくずれる」食感とのこと。


原材料にも「トリュフ」の文字を確認することができます。


1袋60gあたり336キロカロリーと、ポテトチップスとして一般的な数値。


袋からお皿にざざっと移してみました。


このギザギザポテチがコイケヤ史上最厚。


つまんでみたところ、「史上最厚!」という感じは特になく、厚切りポテチのような触感です。


見た目でも史上最厚とは分かりません。パクリと口に入れると……


予想以上の食べ応え。さすがは史上最厚。写真のような小さめサイズのポテチでも、しっかりとした厚切りの触感を楽しめます。バターの味に続いて独特の香りがただよってきますが、トリュフ自体そんなに食べる機会がないため、「確かにトリュフ」とは断言できないのが悲しいところ。しかし、バターとの相性は非常によく、ポテトチップスの味付けとしてはアリで、ついついポテチに手が伸びてしまいます。


パッケージの裏には「スープやシチューにつけて食べてもおいしいよ!」というゆるキャラからの提案。


そこでコーンスープを用意してみました。


ポテチをスープに浸して……


食べてみると、コーンスープの甘みとトリュフ・バターの濃厚な味がなかなかマッチ。ポテチの厚みのおかげで、サクサクの食感は失われることはまったくありません。


「ワッフルカット トリュフ&バター味」は2014年1月13日(月)に全国のコンビニエンスストアで発売されます。

・関連記事
通常のポテトチップスの約3倍の厚さを誇るコイケヤの「ワッフルカット」を3種類食べてみました - GIGAZINE

揚げたてのポテトチップスにトマトソースを付けて食べる「モスじゃがチップス トマトディップソース付き」をモスバーガーで食べてきました - GIGAZINE

ジャガイモと塩と油のみで正真正銘本物のうすしお味、菊水堂のポテトチップを食べてみました - GIGAZINE

50年以上のポテトチップス製造ノウハウとノンフライ技術が生み出した「ポテのん」を食べてみました - GIGAZINE

ポテトチップスをもらうと笑顔になる犬 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logv_to