試食

リンガーハットの「かき皿うどん」はボリューム満点で食べ応えのあるメニュー


ちゃんぽんは長崎の名物料理ですが、もう一つの名物料理に皿うどんと言われる、揚げた中華麺に野菜や海産物を混ぜたあんをかけた料理があります。長崎うどん専門店であるリンガーハットではちゃんぽんの他に、皿うどんも多くのお店でレギュラーメニューとして扱っており、12月16日(月)からは期間限定メニューの「かき皿うどん」が販売されるということで、実際にお店に行って食べてみました。

「皿うどん」にも≪牡蠣≫バージョンが登場!!ブレンドみそ・豆乳で仕立てたまろやかな牡蠣入りあんが絶品「かき皿うどん」:長崎ちゃんぽんリンガーハット
http://www.ringerhut.jp/news/20131211_1/

リンガーハットに到着。


一見メニューに「かき皿うどん」がないように思えますが……


レジの横に商品の写真を発見。注文してみます。


待つこと10分弱で「かき皿うどん(税込739円)」が到着。


あんの上にはかき3つとかいわれが載っています


えび


さつまあげ


豚肉


コーンや枝豆もあんの中に確認できます。


麺は細く、油で揚げたものを使用。さっそく食べてみます。


麺は大きな塊になっているので、箸でばらす必要があります。


麺はパリパリとした食感で、固すぎることも油っこすぎることもありませんでした。


あんと麺を一緒に食べても、パリパリとした食感が損なわれることはなく、あんのとろっとした食感と一緒に味わうことができます。あんは、一般的にちゃんぽんに使われる豚骨スープの味は強く感じず、野菜の甘味や、魚介類のうまみを強く感じました。


カイワレのピリッとした味がまろやかなあんのいいアクセントになっています。キャベツともやしはややクタッとした食感で、あんの味が染みこんでいました。


かきはやや小ぶりなものの、濃厚。熱が通されているものの、しっかり磯の香りを感じることができます。


さつまあげは柔らかな食感が楽しめます。


海老もプリプリとした食感がグッド。


魚介類が多めですが、豚もしっかりマッチしていました。


途中まで食べたら「皿うどんのソース」をかけてみます。


ソースをたらしてみると……


ウスターソースのような感じでした。


食べ進むとお皿にあんが残ったのでレンゲですくって食べてみます。


ソースをかけることにより、フルーティな味とコク・ちょっとピリっとした辛みが加わります。あんの味自体はあまり濃くないので、たくさん「皿うどんのソース」をかけなければ、味が濃くなりすぎてしまうことはありません。


コーンや枝豆はれんげで食べるのがオススメ。プチプチとした食感が楽しめます。


「かき皿うどん」は来年の2月28日(金)までの期間限定メニュー。795kcalとボリュームがありますが、野菜や魚介類など多くの品目が一度に食べられるので、カキ好きな人だけでなく、いろんな食材を一度に食べたい人には特にオススメです。

・関連記事
ちゃんぽん女子大歓喜のリンガーハット新店舗「リンガール東京」第1号店に行ってきました - GIGAZINE

とても営業しているようには見えないすごい外観だがちゃんぽんが評判の「九州ラーメン六五六」に行ってきました - GIGAZINE

辛くて感覚がマヒする「蒙古タンメン&北極ラーメン」を蒙古タンメン中本本店で食べてきました - GIGAZINE

ラーメン二郎の「聖地」三田本店を巡礼してきました - GIGAZINE

ほっかほっか亭の期間限定メニュー「中華丼」「皿うどん」試食レビュー - GIGAZINE

ミニ植物工場を店舗内に備えた「サブウェイ野菜ラボグランフロント大阪店」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log