ハードウェア

わずか12ドルで購入できる「Gongkai Phone」の中身はどうなっているのか、分解してみるとこんな感じ

By cdw9

スマートフォンにはいったいどのようなパーツが使われているのか?ということでiPhone 5BlackBerry Z10などを分解すると、機種ごとにさまざまな違いや工夫があるのを発見したりしますが、bunnie's studiosは1台12ドル(約1200円)という安さで購入した携帯電話を分解・どのようなパーツで構成されているのか、中身をチェックしています。

The $12 Gongkai Phone ≪ bunnie's blog
http://www.bunniestudios.com/blog/?p=3040

こちらが12ドルで購入したという「Gongkai Phone」。キーパッドの上に液晶があり、デザインはシンプルですが、電話やメールという機能は問題なく果たせ、スマートフォンのように盗難にあう心配もありません。bunnie's blogによればこの携帯電話はShenzhen Mingtong Digitalで購入したとのこと。


背面はこんな感じ。なお、12ドルという価格は未契約・アンロック状態で、充電器・シリコンカバー・ケーブル付きで販売された時の価格です。流通コストなどを考えると、原価は10ドル(約1000円)を切っているはず。


ということで早速カバーを外して分解していきます。ドライバーなどを使わずともケースは簡単に外れる仕様です。


外したカバーはこちら。カバーは四隅にある凹凸を使って閉じるようになっています。


CPUは260MHz(32bit)のものを使用、RAMは8MiB、USB、microSD、SIMカードが使え、通信はクワッドバンドGSM、Bluetoothで行います。リチウムイオンバッテリーを使用し、液晶はOLEDのモノクロ表示です。内部にコネクタはほとんどなく、ディスプレイからバッテリーまで全てがボードに直接はんだ付けされているとのこと。輸送・保管時のために、バッテリーはハードウェアから取り外せるようになっています。なお、バッテリーには電圧や電流値を制御する保護回路がありません。


Bluetoothアンテナは画像左下にある小さなワイヤー。


キーパッド用のバックライトなども取り付けてあります。


チップはMediaTek社のMT6250とVanchip社のVCT-VC5276を使用。bunnie's blogがブローカーに聞いたところでは、MT6250の小売価格は約2.1ドル(約210円)とのこと。


なお、この携帯電話の名前である「Gongkai」は「公开(公開)」を意味しており、配線略図やボードのレイアウト、ソフトウェア・ユーティリティなどが公式サイトにて無料でダウンロードでき、半オープンソースのような感じで、自分でパーツを購入し携帯電話を作ることも可能だとのこと。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
発売されたばかりの「iPhone 5」をさっそく分解したフォトレポートが登場 - GIGAZINE

BlackBerry Z10を完全分解、ばらばらにしてみるとこんな感じ - GIGAZINE

iPhone5Sの写真がiPhone製造工場から流出かと思ったらクローンだった - GIGAZINE

任天堂のファミコンやロムカセットを分解してみた写真が公開される - GIGAZINE

「iPhone 5」を分解する手順を記録したムービーがYouTubeにて公開中 - GIGAZINE

「Wii U」を早速分解したフォトレポート公開中、中身はこんな感じ - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   ピックアップ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.