試食

わずか1分でできあがりのカップ麺「Quick1」を作って食べてみました


1984年に一度販売終了となった、お湯をそそいで1分で完成するインスタントラーメン「QUICK1」が2013年2月18日に新しくなって明星から発売されました。今回は「ミネストローネ」「ブイヤベース」「チキンコンソメ」というアッサリした3種類で、すべて198kcalというカロリー控えめに仕上げられているとのことなので、早速作って食べてみました。

明星Quick1
http://www.q-1.ne.jp/

こちらが明星Quick1。味はミネストローネ・チキンコンソメ・ブイヤベースの3種類です。


まずはミネストローネから。


パッケージには「1分クッキング 食べるスープ&ヌードル」の表記。


麺は明星独自のスチームノンフライ製法で作られています。


カロリーは198kcal。


中にはトマト・じゃがいも・インゲン・コーンなどのフリーズドライ。


続いてブイヤベース。


こちらもカロリーは198kcal。


シーフード味のヌードルらしくカニカマやキャベツ・タマゴといった具が入っていました。


そしてチキンコンソメ味。


こちらもカロリーは198kcalと、3種類とも同じ。


フタを開けると、麺がひっくり返っていました。


底の方にはタマゴや鶏肉といった具を発見。


ということで、本当に1分間で出来上がるのか、実際に時間を測って確かめてみました。

お湯を注いで1分ででき上がる明星Quick1を時間を測りつつ作ってみました - YouTube


1分後に完成したのがこちら。まずはチキンコンソメから食べてみます。


麺はやや薄めで軽い仕上がりになっていますが、通常のインスタントラーメンと比べて著しく感触が異なる、ということはありません。スープはチキンコンソメのしっかりとした味付けで、コショウがきかせてあるため少しスパイシーさもありました。油っぽくはなくアッサリしているのですが、味が濃いため由緒正しきインスタントラーメンのジャンクさも健在。


具もしっかり入っており、お湯を注いでわずか1分で完成するにも関わらず、仕上がりは通常のインスタントラーメンと同等。


続いてはブイヤベース。


ブイヤベースと言えば通常トマトやサフランで味付けしてありますが、いずれの風味も特になく、むしろどこかで食べたことのあるシーフードヌードルの味をヒシヒシ感じます。


具はカニやタコなど。こちらもスープは油っぽくないものの、しっかりとした濃い味付けで、ご飯を片手に食べてもおいしく頂けそうです。


最後はミネストローネ。フタを開けると、ダイス型にカットされたトマトやじゃがいもの姿を発見。


チキンスープをベースにしつつもサッパリとしたトマトの酸味があり、非常に食べやすく仕上がっているため、これが最も女性向けかもしれません。


女性や少食な人ならこれ1個でも十分昼食になる量なのですが、男性の中には少し物足りなく感じる人もいそうです。


なお、価格はいずれも170円(税別)。生麺のようなしっかりしたコシはないものの、1分間で仕上がったとは思えないほど通常のインスタントラーメンとの遜色はなく、時間がない時や「昼食は終えたけれどもうちょっと食べたい」という時にサッと作れて便利そうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1分という超速で湯戻りする明星「チョッパヤソース焼きそば」試食レビュー - GIGAZINE

1分で湯戻しのチョッパヤにたらこ味登場、明星「チョッパヤ たらこ味焼そば」試食レビュー - GIGAZINE

わずか1分で食べられる明星のカップ焼きそば「チョッパヤ」試食レビュー - GIGAZINE

1分で日清の味「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O. 1ミニット」を食べてみた - GIGAZINE

わずか2分でゆで上がる「マ・マースーパープロント早ゆでスパゲティ1.4mm」を試してみた - GIGAZINE

本当にたった1分待つだけで食べられるのかどうか、明星「バリカタ細麺」にチャレンジしてみた - GIGAZINE

お湯に投入してわずか8秒で完成する「8秒スパゲティ」を作ってみました - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.