取材

世界中で見かけたコカ・コーラの国別サイズ違いペットボトル&缶いろいろ


440mlの缶コーラを見つけた時は興奮しました。ふとした時に少しだけ飲みたい手ごろなサイズから、人が集まったときに用意しておきたいパーティーサイズまで、コカ・コーラはラインナップをそろえています。そんなコカ・コーラのサイズに興味がわいたので、旅先で手に入る缶やペットボトルを集めてみました。日本で見かけるサイズもちらほらと。世界中を見比べてみると、いくつかの共通点もあるようです。

こんにちは、自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。アメリカに入ってから、確実にコカ・コーラの摂取量が増えています。

◆小さいサイズから並べてみます
150ml(アラブ首長国連邦)


160ml(日本)


200ml(ボツワナ)


222ml(カナダ)


250ml(韓国)


300ml(ザンビア)


330ml(ナミビア)


350ml(日本)


350ml(マリ)


355ml(カナダ)


355ml(12oz、アメリカ)


355ml(中国)


370ml(12.5oz、アメリカ)


440ml(ザンビア)


500ml(日本)


500ml(アルメニア)


550ml(南アフリカ)


591ml(20oz、アメリカ)


600ml(中国・ウイグル自治区)


1000ml=1L(アルメニア)


1000ml=1L(カザフスタン)


1250ml=1.25L(ナミビア)


1250ml=1.25L(セネガル)


1250ml=1.25L(ブルガリア)


1500ml=1.5L(フランス)


2000ml=2L(ナミビア)


◆まとめると
・缶:150ml、160ml、200ml、222ml、250ml、330ml、350ml、355ml、440ml、500ml、550ml
・ペットボトル:300ml、350ml、370ml、500ml、591ml、600ml、1000ml、1250ml、1500ml、2000ml
となりました。

韓国では250mlの缶ジュースをメインでみかけました。自動販売機でも250mlのサイズばかり。


ナミビアや南アフリカの330ml・440ml・550mlの缶コーラは、110mlずつ容量が違っています。330mlの缶コーラは、普通にある355mlのサイズに対して25mlも少なくなります。もしかして南アフリカの缶が重いのが原因で、そのために容量を減らして重量を世界に合わせているのではないかと推測したのですが、南アフリカが375g、アメリカが390gで違いました。飲み干して空になった缶でも、まだ残っているかもと口につけてしまう10gぐらいの差はあった訳ですが。


日本では500mlのペットボトルも、中国だと600mlが標準で100ml違ったりします。これはアフリカの瓶コーラも一緒で、ケニアやナイジェリアでは500mlでも、カメルーンやコンゴ共和国では600mlのサイズが標準でした。


同様に日本では1.5Lが多い大容量のサイズも、アメリカや南アフリカだと2Lが標準になります。アメリカだと2L は必ずありますが、1.5Lのコカ・コーラは記憶にありません。ペプシコーラの1.5Lはあったので、どこかにあるかもしれませんが。


アメリカに入ってからは缶やペットボトルに加えて、紙コップという選択肢も出てきます。ガソリンスタンドや小さな商店にはドリンクサーバーが置いてあって、自分で紙コップを選んで注ぎます。コストパフォーマンスがいいのと、氷も加えてキンキンに冷やせるのが魅力です。


◆2L以上のサイズ
ここまでは写真に撮っていたのですが、これよりも大きなサイズもあるようです。グーグルの画像検索を使って「Coke(数字)Size」で探してみました。2Lに250mlを増量した2.25Lはどこかで見たはずなのですが……。

・2250ml=2.25L
https://www.google.co.jp/search?q=2.25l%20coke&tbm=isch&biw=1600&bih=781



・2500ml=2.5L
https://www.google.co.jp/search?q=2.5l%20coke&tbm=isch&biw=1600&bih=781



・3000ml=3L
https://www.google.co.jp/search?q=3l%20coke&tbm=isch&biw=1600&bih=781



3リットルはさすがにウソっぽく見えてしまいますが、アメリカであればこのサイズの炭酸飲料を見かけることもあるので、きっとどこかにあるのでしょう。見つけたら報告します。

◆日本のサイズ
ここまでまとめ上げたところで衝撃の事実が発覚しました。日本コカ・コーラのラインナップにはたいていのサイズが揃っています。

日本コカ・コーラ | コカ・コーラ | 製品情報
http://www.cocacola.co.jp/products/lineup/cocacola.html


(※ラインナップ画像は2012年12月当時のもの)

日本で手に入るサイズは

缶:160ml、190ml、250ml、280ml、300ml、350ml、400ml、500ml
ペットボトル:300ml、350ml、500ml、850ml、1000ml、1500ml、2000ml

です。400mlと300mlは、キャップのついた缶のある日本ならではのサイズですね。850mlのペットボトルも一度は見てみたかったところ。一時期話題となった1250mlのスマートボトルは、現在は流通していないのでしょうか。

どんな時も、どんな場所でも飲んでもらえるように、コカ・コーラのラインナップに死角はありません。ここで紹介していないサイズもありそうですので、皆様も旅先のコカ・コーラに気を留めてみてはいかがでしょうか。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
)

・関連記事
アフリカで欠かせない瓶のコカ・コーラに戸惑うことのない取扱方法 - GIGAZINE

ライチにパッションフルーツと果物だけでなくマッドネス、エキゾティックっていったい何?世界中に散らばるファンタワールドを集めてみました - GIGAZINE

日本の飲料メーカーが強すぎて「スプライト」が見当たらないガラパゴス状態 - GIGAZINE

日本に上陸する可能性も、たくさんのブランドがひしめき合う世界のエナジードリンク事情 - GIGAZINE

「コカ・コーラ」が850mlのペットボトルに入って登場 - GIGAZINE

世界的トップシークレット「コカ・コーラのレシピ」が意外なところから暴かれた可能性が浮上 - GIGAZINE

コカ・コーラの意外な10の使い道 - GIGAZINE

2009年の世界最優秀ブランドは「コカ・コーラ」、そのブランド価値は6兆円以上 - GIGAZINE

in 取材,   , Posted by logc_nt