平面がなくても使えるどこでもマウス「The Arc Mouse」


外出先でマウスが使えるフラットな場所が見当たらない時はノートPCについているタッチパッドを使用する必要がありますが、普段マウスに慣れている人にとってタッチパッドは使いづらいもの。そんな時に場所や環境を問わず、どこでも使えるようにしたマウスのコンセプトデザインが「The Arc Mouse」です。

The Arc Mouse by Seunghoon Shin and ChangSeok Kim » Yanko Design
http://www.yankodesign.com/2012/07/25/anywhere-mouse/

The Arc Mouseは本来直線であるはずの裏面がカーブを描いているマウスです。


外出先でマウスを使う場所が無い時はノートPCのタッチパッドを使用する必要がありますが、「Photoshopを使用していたり複数のソフトウェアを同時に使用していると、タッチパッドは使いづらい」という発想から、The Arc Mouseは曲面に対応しているので、外出先でもマウスを使うことが可能に。


膝の上や肘置きの上などでマウスが使用できます。


構造はこんな感じ。


通勤電車の中などでもマウスが難なく使え、非常に便利です。

・関連記事
本当に透明ガラス製マルチタッチキーボード&マウスを作ることが決定 - GIGAZINE

つるつるでボタンもマウスホイールも無く丸っこい石のようなデザインのマウス「Stealth Touch Mouse」 - GIGAZINE

キーボードやペンタブ、マウスなどの機能を1台でカバーできるノートPC「keyless lifebook」 - GIGAZINE

「クリスタルマウス」は実在した - GIGAZINE

人間工学デザインのマウスを使うと肩こりや腕の疲れがマシになる - GIGAZINE

in ハードウェア,   デザイン, Posted by logq_fa