ネットサービス

「とある科学の超電磁砲」がCloudFlare公式サイトに出現


ちょっとしたCDNの役目を果たしながらDoS攻撃などの不正アクセスも回避でき、0円から利用できる広域負荷分散によってサイトの表示を高速化、突発的なアクセス増加でもサーバが落ちずに済むサービスを提供している「CloudFlare」の公式サイトの日本語訳がおかしなコトになっています。

CloudFlare | Webパフォーマンス&セキュリティ会社
https://jp.cloudflare.com/


まず、以下がもともとの英語版サイト、「Railgun」という名前のサービス(LinuxやBSDにインストールするデーモン)についての説明ページとなっており、回線速度の差によって引き起こされる速度低下を解消するため、動的なサイトであっても99.6%の圧縮をかけることができ、平均して730%もパフォーマンスが増加するというエンタープライズ向けサービスとなっています。

Railgun | CloudFlare | The web performance & security company
https://cloudflare.com/railgun


これが日本語版サイトになると、妙な機械翻訳をされてしまい、「とある科学の超電磁砲起源ネットワークオプティマイザ」「超電磁砲をインストールします」「とある科学の超電磁砲は、お持ちのお客様のために利用可能です」という感じになってしまい、読んでいるとじわじわと来る内容になってしまっています。

とある科学の超電磁砲| CloudFlare | Webパフォーマンス&セキュリティ会社
https://jp.cloudflare.com/railgun


なぜこのようなおかしなことになっているのかというと、Google翻訳の結果をそのまま利用しているため。試しに英語サイトの原文をGoogle翻訳に入れて日本語訳すると、同じような文面になります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
書籍「アインシュタイン その生涯と宇宙 下」が機械翻訳だったため回収へ - GIGAZINE

見ているページをGoogleで簡単に一発翻訳できるフリーソフト「Client for Google Translate」 - GIGAZINE

イルカと会話するための翻訳機を鋭意開発中、今年中に野生のイルカたちを対象とした実験も - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.