Mozillaが「Firefox 7」正式版をリリース、メモリ使用量削減で高速化など


Webブラウザ「Firefox」などを開発するMozilla Foundationが、「Firefox 7」の正式版をリリースしました。今回のメジャーアップデートでは、可動に必要な使用メモリを削減することでより高速なブラウジングを可能にするなどの改良が行われています。

Mozilla Japan - 次世代ブラウザ Firefox とメールソフト Thunderbird の公式サイト

従来のFirefoxユーザーは、Firefoxの「ヘルプ」から「Firefoxについて」をクリックすることでアップデートが可能です。


「Firefoxについて」をクリックすると、下の画面が開き、ダウンロードが開始されます。ダウンロード完了後、「ダウンロードした更新を適用」をクリックすると、アップデートが開始されます。


今回の主なアップデート内容は以下の通りです。

◆メモリ使用量の削減
メモリの使用量が、従来のものと比較して20%~30%程度削減されており、特定のケースでは50%ものメモリ使用量が削減できているそうです。Mozilla Japanのブログによれば新しいタブを開いたときや、サイト内のメニュー項目やボタンをクリックしたときに、その違いが実感できるだろうとのこと。

◆各種標準技術への対応
ハードウェアアクセラレーションの活用によって Canvas のレンダリングを強化し、HTML5 アニメーションを高速化しているとのこと。「Runfield」のようなブラウザゲームをより快適に楽しむことができるようになっています。

◆Firefox Sync の改良
ブックマークやパスワードを追加、変更したときに、データがほぼ瞬時に同期されるようになりました。

◆ロケーションバーで「http://」を非表示に
従来「http://gigazine.net」と表示されていたURLが、「gigazine.net」と表示されるようになりました。


また、「https://」のようにSSLが使われている場合は、従来通りの表示となり、暗号化されたサイトが分かりやすくなっています。


◆W3C標準のNavigation Timingを実装
開発者向けに、ページの読み込み時間やサイト内遷移を、回線速度、訪問者数、その他の要因と比較できるようになりました。

◆Web Timing 仕様 への対応
開発者向けにページ読み込み時間やサイトナビゲーションの測定を可能にして、Webサイトのパフォーマンスを向上させる方法の特定が容易になったとのこと。

◆CSS3 text-overflow: ellipsisへの対応
レイアウト範囲からはみ出した文字列の表示方法を指定できるようになりました。

◆Telemetry
専用のアドオンをインストールすることで、ブラウザのパフォーマンスデータを報告し、Firefoxの今後のバージョンの改善に協力できるとのこと。

次世代ブラウザ Firefox - 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ


・関連記事
Firefox4で動作しないアドオンを動作させる方法 - GIGAZINE

FirefoxやThunderbirdのメモリ消費量を劇的に減らす方法 - GIGAZINE

Windowsのみに最適化することで高速化しているFirefoxクローン「Pale Moon」 - GIGAZINE

とてつもなくいい仕事をしているFirefox - GIGAZINE

Firefox 5に搭載される11の新機能 - GIGAZINE

Firefoxのアイコンが狐耳の巫女さんになる「Anime Firefox」 - GIGAZINE

112

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log