ムービー

まさに奇跡、高度1万メートルで電気系統が故障した飛行機が無事に着陸


航空機に乗る時に、一度でも墜落に対する不安を抱いたことがある人は多いと思われますが、なんと高度1万メートルを航行していた時に突然電気系統が故障し、あらゆる計器を使えなくなった飛行機が1人のケガ人も出さずに無事着陸したことが明らかになりました。

詳細は以下から。
BBC News - System failure plane makes 'miracle' landing in Russia

Pilots Called Heroes After Crash Landing | News | The Moscow Times

これらの記事によると、ロシアの航空会社、Alrosa社が運行している飛行機「ツポレフ154」が72人の乗客を乗せてサハ共和国のPolyarny空港からモスクワへと飛び立ったところ、出発から3時間半が経過した高度1万メートルを航行中に突然電気系統の故障に見舞われたそうです。

この電気系統の故障により、誘導システムなどの機器や燃料ポンプなどが利用できなくなったため、パイロットたちは一番近くにあった、コミ共和国の12年前に破棄された軍用飛行場に着陸することを決断。ただちに乗客に緊急着陸に備えて準備するように要請しましたが、混乱を避けるためか、電気系統が故障したといった状況は乗客に伝えられなかったとのこと。


緊急着陸にあたって、まず燃料の投棄が行われ、その後機器によるサポートが得られない状態で着陸を敢行。着陸を試みた飛行場の滑走路が短かったため、180メートルほど木々の中をオーバーランしましたが、機体の破損は最小限で済み、乗客も無傷だったそうです。

乗客たちが助け出された非常口。


機体の様子を撮影したムービー。前面が木々の中に埋もれる形となっています。

YouTube - Аварийная посадка Ту-154 в Ижме


無事着陸に成功したのはまさに奇跡と言っていいほどの出来事でしたが、この困難を乗り切ったパイロットたちに対して、民間の航空機を監督するアメリカの「Air Transportation Agency」が賞を贈ることを検討しているそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
記念すべき「ガンダムジェット」第1便にさっそく搭乗、乱気流や加速度に刻が見えた - GIGAZINE

東京~大阪間が約5000円、全日空が格安航空会社(LCC)を新設する方針 - GIGAZINE

運賃は500円~1000円程度、格安で旅行できる「立ち乗り飛行機」が登場へ - GIGAZINE

高度1万フィートの上空からパラシュートを着けずに飛び降りた男 - GIGAZINE

上空1800メートルから落ちて奇跡的に一命を取り留める - GIGAZINE

航行中の飛行機から燃料が漏れているのを撮影し、乗客を救った男 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.