ゲーム

「100メガショック」で有名なネオジオが生誕20周年、終了していたサポートの受付を再開


本体製造終了から10年以上が経過し、保守部材の調達が困難となっていることを受けて、SNKが発売していた家庭用ゲーム機「ネオジオ(NEOGEO)」本体や周辺機器、ロムソフトの補修サービスが2007年に終了しましたが、なんと補修サービスが再開されました。

今年で生誕20周年を迎えるネオジオですが、これを機にもう一度遊んでみるのもいいかもしれません。

詳細は以下から。
家庭用ネオジオの補修再開のお知らせ | お知らせ | SNKプレイモア ゲーム情報サイト


SNKプレイモアの公式ページによると、2010年でネオジオが20周年を迎えるのを機に、一旦終了していたネオジオ本体や周辺機器、ロムカートリッジの補修業務を再開するそうです。なお、ネオジオCDシリーズ、ネオジオポケットシリーズは対象外とのこと。

また、SNKプレイモアは「発売から20年が経った今でも、多くのネオジオファンの皆様に愛され続ける商品であることに、製造元としても感謝の気持ちがたえません」とした上で、「今後も皆様にご満足いただける商品開発を心がけて参りますので、これからも末永い声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」としています。

なお、生誕20周年を記念して特設サイト「NEOGEO MUSEUM」がオープンしており、以下のリンクでNEOGEOの歴史を辿ることができるようになっています。

NEOGEO MUSEUM

・関連記事
本日をもって「セガサターン」と「ドリームキャスト」の有償修理が終了 - GIGAZINE

フロッピーディスクドライブに続いて「MOディスク」も販売終了へ、需要減退を受けて正式決定 - GIGAZINE

ついに「桃太郎伝説」が復活か、桃太郎シリーズの開発が8本同時で進行中 - GIGAZINE

まさにセガの亡霊、ドリームキャストをCore2Duo 3GHz/メモリ4GB/SSD64GB/BDドライブ搭載PCに改造してPS2を動作させる衝撃ムービー - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log