猛暑の影響を受けて「ガリガリ君」の販売が急増、現在品薄状態に


1981年から30年近くにわたって夏の風物詩として愛され続ける赤城乳業のロングセラー氷菓「ガリガリ君」が、猛暑の影響を受けて急激に売れてしまい、品薄状態に陥っていることが明らかになりました。

現在増産体制を敷いているものの、安定供給には時間がかかるようです。

詳細は以下から。
赤城乳業株式会社|新着情報詳細


「ガリガリ君」の販売元である赤城乳業の公式ページによると、同社が製造販売している各種ガリガリ君が、夏の猛暑の天候状況もあって通常の販売数量を大きく上回る状況が続き、現在品薄状態となっているそうです。

このような事態に対して赤城乳業は「皆様に多大なるご迷惑とご不便をおかけしております。心より深くお詫び申し上げます」としており、現在、増産体制を敷いているものの、予想以上の好評により、未だに安定供給の確保には至っていないとのこと。

つまり生産量を増やしても、それをさらに上回るペースでガリガリ君が売れ続けているということのようですが、安価で手軽に涼しさを得られる夏の定番アイテムであるだけに、しばらくは品薄状態が続くことになりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
等身大ガリガリ君も登場、本物そっくりの「ガリガリ君パズル」 - GIGAZINE

夏の風物詩「ガリガリ君」も登場した[email protected]新作ラインナップ - GIGAZINE

なんだか暑いので「ガリガリ君(ヨーグルト味)」で涼んでみた - GIGAZINE

ガリガリくんがアイスキャンディ型入浴剤になって発売 - GIGAZINE

in , Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.