メモ

世にも珍しい虹色のバラ「レインボーローズ」と、家庭でもできるキレイな花の染め方


白いバラの茎から染料を吸い上げさせることによって染められた虹色のバラ「レインボーローズ」を紹介します。いかにも人工的な発色は好みが分かれるところで悪趣味と感じる人もいるかもしれませんが、パーティーなどのデコレーションや特別な日の贈り物として人気を博しているようです。

バラの花びらの一枚一枚を違う色に鮮やかに発色させる技術は考案者であるPeter Van de Werken氏がオランダで経営するRiver Flowersの企業秘密なのですが、同様の方法でバラやカーネーション・チューリップ・デイジーなどのさまざまな花をカラフルに染めることは家庭でも簡単にでき、子どもの理科の実験としても人気があります。

詳細は以下から。Rainbow Roses Are Extra Special Flowers For The Extra Special People In Your Life - The Fun Times Guide

River Flowersでは花びらを1枚ずつ違う色に染めるため、茎のどの部分がどの葉・花びらに通じているかを調べ、茎を複数に裂いてそれぞれ違う色の植物性特殊染料につけるそうです。そのため、葉もさまざまな色に染まっています。写真は地元の生花店にレインボーローズを注文したというロサンゼルス在住のアーティストJustin Jorgensen氏のブログから。


茎を切ってみると染料が吸い上げられていった通り道がわかります。


上の写真ではしおれているように見えたバラもしばらく水につけておくと元気になったようです。


生花店の店頭に並んだレインボーローズ。オランダから輸入されるレインボーローズの価格帯は高めで、アメリカでは12本で219ドル(約2万円)程度で販売されているようです。


鮮やかなレインボーカラーのバラはプライド・パレードで身につけたり、同性婚の結婚式のブーケとしても最適かもしれません。


こちらはかなりビビッドな発色。染料を吸い上げさせる時間が長いほど濃く発色するとのことです。


レインボーローズは高価なため、長く楽しめるドライフラワーの「Happy Forever」という商品も人気があるようです。


ドライフラワーのアレンジの例。


開発者Peter Van de Werken氏の研究では、すべての染料を完璧に発色させることができたのは「Rosa Vendela」という品種のみだったとのことです。「Rosa Vendela」は茎の長さ60~100cm、クリーム色の花は満開時に直径13cmほどになる大輪の品種で、オランダでのみ栽培されています。


というわけで、花びらが1枚ずつ違う色に綺麗に染まった「レインボーローズ」を家庭で作るのは難しいかもしれませんが、白い花を1色または複数色のグラデーションに染めることは家庭でも簡単にできます。狙い通りに染めるには試行錯誤が必要かもしれませんが、実験感覚でやってみると楽しいのではないでしょうか。手順は以下のサイトがわかりやすいです。

Planet Science News Issue: 134
How to Dye Flowers | eHow.com

用意するもの:
■白または淡い色の花(カーネーション・チューリップ・キク・ガーベラなど)
■花瓶またはグラス・ジャムの空き瓶などの容器
■食用着色料(液状が望ましい)

手順:
■1/2カップの水を入れた花瓶に花をつける。
■液の色がかなり濃くなるまで(下の写真参照)着色料を入れる。複数の色を試したい場合は別の花瓶に同様に用意する。
■数時間から2~3日程度おき、染まっていく様子を楽しむ。


上に挙げた花の中ではチューリップが最も早く染まるとのこと。また、ガーベラは茎の最下部から数センチを4本に裂き、それぞれ別の色の染料につけると、花を1/4ずつ違う色に染め分けることができるそうです。


花びらからの蒸散が盛んなほど茎から着色液を吸い上げるペースも速くなり、どんどん色素が溜まっていくので、日光が当たる場所に置いた方が効果が表れやすいとのこと。乾燥気味の花の方が、すみずみまで水分が行き渡った花と比べゴクゴクと水を吸い上げるので、買ってきた切花を使う際は持ち帰ってすぐに水に漬けるという作業を省いた方が早く染まるかもしれません。また、葉の量が多い場合にはある程度取り除くことも有効のようです。

ちなみに、市販の生花の中には染料を吸い上げさせて染められたものが意外と多く出回っているようで、アイルランドにキリスト教を広めた聖人を記念した聖パトリックの祝日に飾られる緑のカーネーションも多くは同様の方法で染められているほか、単純にスプレーなどで外側から着色された赤いバラなども安価で売られているようです。

なお、オランダ産の「レインボーローズ」は日本にも輸入されていて以下のサイトなどから購入することができます。

バラ・レインボーローズ オランダの虹アリス バラの花束【バース バラ市場 - Yahoo!ショッピング

レインボーローズ、青いバラの専門店 ROSESHOP |商品一覧ページ

【楽天市場】★アンのローズフェスティバル★ > ◆オランダのバラ > ★レインボーローズ・ミラクル:いつもアンのお花屋さん

・関連記事
ガラスに閉じ込められた小さな緑、空き瓶とコケを使った簡単テラリウムの作り方 - GIGAZINE

ケチな男に12万4000本のバラを妻に渡す罰が与えられる - GIGAZINE

花の直径はわずか2mm、エクアドルで世界最小のランが発見される - GIGAZINE

巨大な花のカーペットができるまで - GIGAZINE

宝が埋まっているともいわれる、虹の橋のたもとを撮影した希少な写真 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log