取材

壮絶な迫力を見せていた「うしおととら」フィギュア in ワンフェス2010[冬]


かつて週刊少年サンデーに連載された妖怪アクション漫画「うしおととら」。妖怪を滅ぼすためにつくられた「獣の槍」を手にすることになった少年・うしおと、獣の槍に500年間封じられていた妖怪・とらがお互いぶつかり合いながら宿命をたどっていく物語で、日本のメディア芸術100選にも選出される人気作品。その「うしおととら」の迫力ある姿が造形化されてワンダーフェスティバル2010[冬]に出されていました。

詳細は以下から。
TKのハコニワ」で出されていた「うしおととら」レジンキャストキット。


獣の槍を持って長髪になったうしお。


ダボダボのラガーシャツも再現。


腕を突き出すとら。


フレームから飛び出すようなデザインとなっています。


販売価格は8000円で、フレームは別売りで2000円となっていました。


箱はこんな感じ。


今にも動き出しそうな雰囲気の逸品でした。


こちらは「ヒゲメガネ」ブースのうしお。


代々木アニメーション学院フィギュア科の佐野康崇さんによる作品で、槍に魂を吸われて獣になりかけている姿になっています。


全身にヒビが入って獣化寸前の様子を再現。


同じく「ヒゲメガネ」ブースのとら。


スラッとした髪や尾と荒々しい体毛のコントラスト。


うしおが3000円、とらが4000円、セットで6000円にて販売されていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
水木しげるロードの妖怪ブロンズ像、全133体を見つけてきました - GIGAZINE

龍の女性や夜叉から狐仙まで、中国のやたらかっこいいファンタジー系妖怪画 - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル 2010[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

in 取材, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.