取材

愛と勇気を与えるいい笑顔の富士鷹ジュビロと凛々しい炎尾燃のアクションフィギュアセット


島本和彦による漫画家達の生き様を描く漫画「吼えろペン」。作中に出てくる漫画家には実在している人にそっくりなキャラクターがいるのですが、「うしおととら」や「からくりサーカス」の藤田和日郎に非常に似ている富士鷹ジュビロと、島本和彦自身に似ている炎尾燃のアクションフィギュアセットがワンダーフェスティバル2010[夏]ので見かけられました。

作中通りのいい笑顔と熱い表情を見せているフィギュアたちの詳細は以下から。
一般ブース「はっぴーベルG」の新作「炎尾燃&富士鷹ジュビロ」フィギュアセット。


作中では「からぶりサービス」を連載していて作品そっくりの表情をする富士鷹ジュビロ。


「世界中の子どもたちに愛と勇気をね!与えてあげる前提で、まず怖がらせるだけ怖がらせてあげちゃうよーん!!一生残る恐怖と衝撃で、一生残る愛と勇気をね!!」と語っていた富士鷹先生らしい顔。


実にいい笑顔です。


同じヘッドですが、角度によって違う表情に見えてきます。


富士鷹ジュビロ交換ヘッド。


ペンを構える炎尾燃。


まっすぐに前を見据える表情。


炎尾の叫び顔と交換腕パーツ。


開始20分で完売となっていました。次回再販予定もあるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2010[夏]開幕、全記事一覧まとめ

壮絶な迫力を見せていた「うしおととら」フィギュア in ワンフェス2010[冬] - GIGAZINE

サンデーとマガジンの歴代作家たちがサインを寄せ書きした巨大Gペン・後編 - GIGAZINE

熱いハートが炸裂している燃えるコスプレイヤーたち in ワンダーフェスティバル2009[夏] - GIGAZINE

in メモ,   取材, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.