そのまま供養もできる棺おけ型ねずみ取り


昔からあるバネ式ネズミ捕りなどは、ネズミを捕らえたとしてもネズミの死体がそのまま見えてしまうため、その後に処分するときに嫌な気分になってしまいますが、ネズミの死体を隠す棺おけ型のねずみ取りがあるそうです。

また棺おけの形になっているため、罪悪感が残る場合もそのまま供養することもできそうです。

詳細は以下より。
sarah dery: mousetrap

これが棺おけの形をしたねずみ取り。


フタをかけるとこんな感じ。ちなみに写真に写っているネズミは人形です。


実際にネズミがかかったときはこんな感じになり、ネズミの姿が隠れます。


部品ををばらすとこんな感じ。


棺おけ部分は紙でできているためそのまま処分できるようですが、本当にネズミを捕らえることができるのでしょうか。

・関連記事
ネズミも溶かしてしまう肉食っぷり、フィリピンで発見された巨大食虫植物 - GIGAZINE

ヒョウのエサを取りに来た命知らずのネズミ - GIGAZINE

ダイエット・ペプシの中にネズミが入っていた - GIGAZINE

地雷を探す訓練を受けたネズミに注目が集まる - GIGAZINE

名前を呼ぶとミニチュアの楽器を持ってポーズを取るネズミ - GIGAZINE

大量のネズミの死体を丸ごと使って作った帽子 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log