×
メモ

40時間ノンストップでゲームしつづけて入院した少年


面白いゲームであれば時間を忘れて長時間プレイしてしまうこともありますが、あまりにも長時間ゲームをし続けると命の危険性もあるようです。ロシアで40時間ぶっ続けでゲームをして入院してしまった少年がいるようで、なぜそこまでゲームに固執したのか、誰か止める人がいなかったのか気になるところです。

詳細は以下より。
Russian teen hospitalized after 40 hours non-stop gaming / MosNews.com

ゲームのしすぎで入院したのはロシア・オムスク州に住む15歳の少年。この少年はダダをこねて誕生日にパソコンゲームを買ってもらったのですが、ゲームを初めて2~3週間たった時点で少年の成績が著しく低下したため、両親は少年がゲームをすることに関して厳しく制限したそうです。おそらく、このときにゲームに対する欲求がかなりたまってきたものと考えられています。

そんな中、週末に両親が旅行に出かけることになり、ゲームを制限されることが無くなった少年はここぞとばかりにゲームに熱中し、いつの間にか意識不明になったとのこと。旅行から帰ってきた両親が目にしたものはパソコンの前でチョークのように顔が白くなっており、何をしても全く反応がない少年の姿だったそうです。少年の母親は冗談だと思っていたそうですが、白い顔がどんどん青くなっていったためすぐに救急隊員を呼び、少年は病院へ運ばれていったそうです。病院に運ばれたとき少年の血圧は著しく低下しており、状況から見て40時間程ノンストップでゲームをし続けていたのではないかと考えられてるとのこと。

少年は無事に一命をとりとめ、現在数週間のリハビリ生活を送っているそうです。また、数ヶ月間ゲームを禁止されたそうで、今回の件で少年はゲームを控えるようになるのかもしれません。

・関連記事
テレビゲームのやり過ぎが原因で夫が妻を殺害 - GIGAZINE

両親にテレビゲームを禁止された少年が飛び降り自殺 - GIGAZINE

13歳の少女に息を吹きかけて服を脱がせる「風使いウィンディア 精霊のいたずらでいやぁん!」ゲーム in AOU2009 - GIGAZINE

シリアルナンバーを「自分で推測しろ」というとんでもないゲームが登場 - GIGAZINE

イギリス人男性の72%は恋人よりも新作ゲームを選ぶ - GIGAZINE

ゲーム中の子どもの無表情をとらえたアート - GIGAZINE

クレーンゲームの中に閉じこめられてしまった少年 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log