メモ

警察庁、最高裁による無罪判決を受けて痴漢の捜査方法を見直しへ


電車内で起きた痴漢事件の加害者とされた男性の無罪判決が最高裁判所によって先日下されたことを受けて、警察庁が痴漢事件の捜査を見直すことが明らかになりました。

2008年2月に大阪の地下鉄御堂筋線で発生した示談金目的で無関係の男性を痴漢にでっち上げた事件のように、被害者の供述だけで犯人にされかねないことがある痴漢事件ですが、より多角的な捜査が行われるようになるとのこと。

詳細は以下の通り。
「痴漢捜査」を再検討 無罪判決受け警察庁 - MSN産経ニュース

産経新聞社の報道によると、電車内での痴漢事件で最高裁が男性被告に対して「被害に関する供述には疑いを入れる余地がある」として無罪を言い渡したことを受けて、警察庁は痴漢事件の扱いが多い大都市圏の警察本部の関係部署担当者を集めて、痴漢事件の捜査をめぐる現状について検討する会議を開く方針を決めたそうです。

これは痴漢事件が事件を立証できる目撃者の確保といった面で捜査が難しいことを受けたもので、警察庁として捜査の現場がどうなっているかを警察本部などと認識を一致させる必要があるためとのこと。

asahi.com(朝日新聞社):「痴漢事件捜査、多角的に検討」 無罪判決で警察庁長官 - 社会

そして朝日新聞社の報道によると、目撃者の確保が難しいことに加えて、極めて少数ではあるものの被害を装う女性が存在することなども指摘されたとしており、以下の読売新聞社の報道では今後の痴漢事件の捜査について、DNA鑑定などの科学捜査を活用するなど多角的に検討していく考えが明らかにされたとしています。

警察庁長官「痴漢捜査のあり方を検討」…最高裁無罪判決で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

多角的な捜査方法が導入されることによって、痴漢と間違われないかヒヤヒヤしながら満員電車に乗らなくて済むようになるのでしょうか。

・関連記事
痴漢冤罪を防ぐために「男性専用車両」が導入される予定はあるのかを鉄道会社に聞いてみた - GIGAZINE

痴漢冤罪を防ぐために「男性専用車両」が導入される予定はあるのかを鉄道会社に聞いてみた【首都圏編】 - GIGAZINE

50代の女性を見つめすぎた男性に有罪判決 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log