まさに天文学的数字、インフレで1ドル=約4兆ジンバブエ・ドルに


年間インフレ率が220万%に達し、今年7月には「1000億ジンバブエ・ドル札」まで登場したというジンバブエですが、そこから3ヶ月あまりが経過した今、ついに1ドルが約4兆ジンバブエ・ドルにまで達したそうです。

史上まれに見るインフレのようですが、いったいどうなっているのでしょうか。実際に変動の様子をグラフで見てみると、とんでもないことになっているようです。

詳細は以下の通り。
OMIR

ロンドンとジンバブエの株式取引所のシェアの相対価値に基づいた「Old Mutual Implied Rate(OMIR)」によると、現在1ドルは3兆9498億7050万674ジンバブエ・ドルとなるそうです。

過去14日間分のグラフ。わずか14日間でケタが増大しています。


過去6ヶ月間のグラフ。10月に入ってから天を衝く勢いでグラフが駆け上がっています。


ちなみにWikipediaによると、ジンバブエは2006年8月1日に1000ジンバブエ・ドルを1ジンバブエ・ドルにする「デノミネーション(デノミ)」を行っており、さらに今年の8月1日にも100億ジンバブエ・ドルを1ジンバブエ・ドルにするデノミが行われているため、現在の1ジンバブエ・ドルは10兆旧ジンバブエ・ドルに相当するわけですが、1ドルを旧ジンバブエ・ドルに換算しようとすると気が遠くなりそうですね…。

・関連記事
世界で最も価値の低い通貨トップ5 - GIGAZINE

メキシコの薬物犯罪組織から押収された2億5000万ドルの札束 - GIGAZINE

アメリカで発行された超高額紙幣あれこれ、最高額は10万ドル - GIGAZINE

道端に大量の札束が捨てられているのを発見 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log