モバイル

かさばるポイントカードや会員証を携帯電話に集約できるシステムが登場


家電量販店のポイントカードやレンタルビデオ店の会員証、服屋や飲食店のポイントカードなど、顧客を囲い込むために店舗が独自のカードを発行することが多くなっていますが、それらのカードを携帯電話上にまとめるシステムが登場したそうです。

大量のカードでサイフがパンパンになってしまったり、支払いの時になかなかカードが見つからなくてレジで焦ったりすることがある人には朗報かもしれません。

詳細は以下の通り。
ニュースリリース 平成20年10月9日:携帯電話へ各種ポイントカード、会員証を大量かつ簡単に集約するシステム「ぎゃざポ(仮称)」の開発および共同実証実験の検討開始について | NTT Com 企業情報

このリリースによると、NTTコミュニケーションズが、携帯電話に各種ポイントカードや会員証を集約するシステム「ぎゃざポ」を開発したそうです。そして2009年2月からビックカメラ 有楽町店とノジマ トレッサ横浜店、スペースクリエイト自遊空間 BIGBOX高田馬場店と共同で「ぎゃざポ」の実証実験を行うとのこと。

「ぎゃざポ」は店舗ごとにカードを発行した結果、ユーザーがサイフに収納しきれなくなり、使いたいときに使えなくなることや、ポリエステルカードを大量に消費することによる環境への悪影響を解決するために開発された技術で、一度携帯電話へ「Key-Shuttle」アプリをダウンロードした後、専用のリーダー/ライターにかざすだけでポイントや会員証情報を携帯電話に保存できるようになるとしています。

なお、専用のリーダー/ライターは既存のリライト式カードリーダー/ライターとの併用やPOS端末のバーコードリーダーでの利用も可能で、1台の携帯電話に約100枚以上のポイントカードや顔写真などを含めた会員証を集約できるそうです。

ちなみに「ぎゃざポ」の実証実験で利用可能な機種はNTTドコモの903i~906iシリーズの一部と703i~706iシリーズの一部となっています。

非常に画期的なサービスですが、実用化される日は来るのでしょうか。大量の会員証やポイントカード情報を集約できるとしていますが、今度は携帯電話を紛失した時が怖いかもしれませんね…。

・関連記事
ミスタードーナツのポン・デ・ライオン(大)を手に入れるためにがんばってみた - GIGAZINE

家電量販店の「ややこしいチラシ」が無くなります - GIGAZINE

ヤマダ電機、元旦の初売りセールを取りやめ - GIGAZINE

Amazonで90%以上OFFのお買い得品を速攻で見つける方法 - GIGAZINE

in モバイル,   ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse_log