メモ

2億5000万年後に出現する超大陸「パンゲア・ウルティマ」


今から約2億5000万年ほど前、現在の大陸は「パンゲア大陸」と呼ばれている1つの超大陸だったようですが、今からさらに約2億5000万年後、一体地球上の大陸はどうなっているのでしょうか?

というわけで、未来の地球の世界地図は以下から。
APOD: 2000 October 2 - Pangea Ultima: Earth in 250 Million Years


この大陸は「パンゲア・ウルティマ大陸」と呼ばれており、今までの地球誕生からの歴史上、4回か5回はこのような超大陸が形成されてきたようです。

なお、必ずしもこのような巨大大陸になるとは決まっておらず、場合によっては約2億年後に「アメイジア大陸」と呼ばれる別の形の大陸になる可能性もあるようです。

・関連記事
Googleマップで経路検索すると「大西洋を泳いで渡る」と表示される - GIGAZINE

インターネットのつながりを示すマップ「Internet Map」 - GIGAZINE

世界中に張り巡らされている海底ケーブルの詳細な図 - GIGAZINE

世界地図をいろんなデータにあわせた形に変えるとこうなる - GIGAZINE

石油を持っている国、使っている国がわかる世界地図 - GIGAZINE

右側通行か左側通行かが一目でわかる世界地図 - GIGAZINE

楽譜に音符や記号で描かれた世界地図や「おじさま」 - GIGAZINE

コンピュータウイルスの発生状況を世界地図で表示する「F-Secure World Map」 - GIGAZINE

世界から失われそうな言語がわかる地図 - GIGAZINE

世界各国の飲酒が許される最低年令がわかる地図「World Drinking Map」 - GIGAZINE

世界中の地震をリアルタイムに地図表示する「IRIS Seismic Monitor」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse