牛丼30円値下げ「秋の新米250円セール」をすき家が期間限定で開始、一体どこに勝ち目があるのか?


牛丼チェーンのすき家が、2013年11月15日午前9時から11月20日午前8時までの5日間、牛丼並盛を含む牛丼類を通常価格から30円引きで販売する「秋の新米250円セール」を開催することが判明しました。

秋の新米250円セール 11月15日(金)朝9:00より開始 | すき家
http://www.sukiya.jp/news/2013/11/20131107.html

「秋の新米250円セール」開催中は、牛丼ミニ200円・並盛250円・中盛350円・大盛350円・特盛450円・メガ580円で提供。


牛丼ライト・牛皿・牛皿定食は値引き対象外で、一部店舗では「秋の新米250円セール」を実施していないとのことです。

なお、牛丼一杯の原価は「牛丼一杯にかかるおおよその食材コストは牛肉80g=80円、玉ねぎ10~20g=5.4円、タレ30g=30円、ご飯250g=40円程度」「お茶・紅ショウガ・紙ナプキンなどの諸経費20円」となり、大体原価は175.4円、さらにもろもろの人件費などを加えた結果、牛丼1杯での利益は最終的に10円以下になるため、牛丼だけではなくサイドメニューとして何か注文されないと割に合わない状態が続いており、事実、牛丼大手3店の出店ペースが2013年度は4割減となって大量出店に急ブレーキがかかり、松屋の社長によると「牛丼並盛りの価格は280円で各社そろい価格競争は限界まできている」とのことなので、今回のすき家のキャンペーンは余所が弱っているこの隙に、まさに「肉を切らせて骨を断つ」レベルへかなり突入していると考えられます。

・関連記事
すき家が牛丼を291円から350円に値上げ、肉とタマネギは2割増 - GIGAZINE

牛丼に甘辛いチャプチェを載せたすき家の「チャプチェ牛丼」を食べてみた - GIGAZINE

ブラジルの「すき家」で何かが違うGYU-DON(牛丼)を堪能 - GIGAZINE

吉野家が牛丼並盛を100円値下げして280円に、期間限定ではなく新価格なのがポイント - GIGAZINE

冷凍牛丼三国志、吉野家の牛丼・松屋の牛めし・すき家の牛丼を食べ比べてみた - GIGAZINE

バンコクにある吉野家よりおいしいと噂の「牛野家」に行ってみた - GIGAZINE

68

in , Posted by darkhorse_log