すき家「夏の感謝祭」で牛丼類全品が30円引き、大手3社の値下げ額が出揃う


郊外型ファミリー牛丼店「すき家」を展開しているゼンショーが、7月27日(火)9時から8月9日(月)まで「夏の感謝祭」を実施することを明らかにしました。感謝祭の期間中は牛丼並盛が250円(現在280円)となるほか、牛丼類全品が謝恩価格として30円引きになるそうです。

ライバルである吉野家や松屋はすでにキャンペーンを発表しており、これで大手3社の夏のキャンペーンが出揃ったことになります。

(PDF)すき家が「夏の感謝祭」を実施 7/27-8/9の14日間、全店で牛丼並盛が250円

ゼンショーによると、期間は7月27日(火)9時から8月9日(月)までの14日間で、以下の5種類が対象となります。

ミニ:200円←230円
並盛:250円←280円
大盛:350円←380円
特盛:450円←480円
メガ:580円←610円

なお、プチ牛丼、牛丼キング、牛皿、牛皿定食は値引きの対象外となっており、この期間中は五目あんかけ丼、牛あいがけ五目丼類、カツカレーの販売は休止となるそうです。

牛丼チェーン店の値下げ戦争は熾烈を極めており、吉野家が「夏の牛丼祭」として7月28日(水)午前10時から8月3日(火)午後3時まで牛丼並盛を270円で提供(ほか牛丼類も110円値下げ)することを決定すると、続いて松屋も7月29日(木)から8月5日(木)まで牛めし並盛を250円で提供(ほか大盛なども70円値下げ)することを決定しています。

これで、キャンペーン期間中の大手3社の牛丼(牛めし)並盛の価格は、すき家と松屋が250円、吉野家が270円となり、またも吉野家が苦戦を強いられることになりそうです。

・関連記事
すき家が牛丼を291円から350円に値上げ、肉とタマネギは2割増 - GIGAZINE

空腹大学生の救世主となるか、関大前駅前に新規オープンした「伝説のすた丼屋」に行ってきた - GIGAZINE

吉野家で肉食系男女待望の「特大盛」とライトな量の「軽盛」を食べ比べてみた - GIGAZINE

肉が通常の6倍もある「牛丼キング」、極小サイズの「プチ牛丼」、その他含めてすき家牛丼シリーズ全8サイズを食べ比べてみた - GIGAZINE

「なか卯」の牛丼と、すき焼き風味に生まれ変わった和風牛丼を食べ比べてみた - GIGAZINE

すき家が「豚しょうが焼き定食」を提供開始したので、松屋、吉野家と食べ比べてみた - GIGAZINE

松屋とゲーム「龍が如く4」がコラボレーション、「松屋×龍が如くオリジナルカレー」試食レビュー - GIGAZINE

0

in , Posted by logc_nt