モバイル

6月24日発売の「iPhone 4」のスペックを高解像度画像付きで徹底紹介


本日から開催されているアップルの「Worldwide Developers Conference(WWDC)2010」において、Appleが第4世代の新型iPhoneとなる「iPhone 4」を正式発表しました。日本ではソフトバンクモバイルにて6月15日から予約開始、6月24日発売となっています。

液晶ディスプレイの解像度やカメラの画素数といったスペックが飛躍的に跳ね上がっており、「iOS4(旧iPhone OS 4)」の採用で機能面でも向上している「iPhone 4」を、高解像度の画像付きで徹底紹介します。

詳細は以下から。
これが「iPhone 4」です。カラーはホワイトかブラック。ディスプレイはコントラスト比800:1、角度を変えても美しく見えるように視野角が改善された3.5インチIPS液晶(960×640)。なお、ボディには通常のものの5倍の強度を誇るステンレスと、30倍の強度を実現した皮脂などに強いガラスが採用されています。高さは115.2mm、幅は58.6mm、奥行き9.3mm、重さは137グラムです。


「iPhone 4」は前面と背面にカメラを搭載しており、背面のカメラは最大5倍のデジタルズームや720p、30fpsのHD動画撮影に対応した500万画素モデルでLEDフラッシュを搭載。前面カメラはWi-Fi接続時にHDビデオ通話ができるアプリ「FaceTime」に対応。


左サイドには電源スイッチや音量調整ボタン、そして右サイドにはmicroSIMカードスロットを搭載。また、ノイズキャンセリングに対応したマイクやBluetooth、6軸モーションセンサー、IEEE802.11n対応の無線LAN、下り最大7.2Mbpsおよび上り最大5.8MbpsのHSDPA/HSUPAに対応した通信モジュールを備えています。


AT&Tと2年契約した場合、「iPhone 4」の16GBモデルが199ドル(約1万8200円)、32GBモデルが299ドル(約2万7500円)になるとされていますが、日本での販売価格はどうなるのでしょうか。そして発表前であるにもかかわらず、アメリカベトナムで流出したモデルと全く同じデザインであったことに対しては、非常に驚かされます。

なお、日本のアップルの公式サイトは以下。「iPhone 4」の特徴が列挙されています。

アップル - iPhone - 携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。
http://www.apple.com/jp/iphone/


また、iPhone 3GやiPhone 3GSからソフトウェアアップデートして「iOS 4」にする場合の料金は無料となっており、iPod touchもiOS 4に無料アップデートが可能だそうです。

・関連記事
ソニーがAndroidタブレットを発売する見込み、ゲーム機や携帯電話などを組み合わせた複数の新製品も - GIGAZINE

ASUSがついにiPad対抗の「Eee Pad」を正式発表、バッテリー駆動時間は10時間以上 - GIGAZINE

ついにAppleがマイクロソフトの時価総額を追い抜く、iPhoneが躍進に大きく貢献 - GIGAZINE

iPadやiPhoneをドリルで削っても大丈夫な超強力保護シート「invisibleSHIELD」 - GIGAZINE

アップルからiPadが届いた……はずだった - GIGAZINE

in モバイル, Posted by darkhorse_log