ついにAppleが新型の「iPhone 3G S」を正式発表、動作速度が従来の2倍になった上に大容量モデルも


日本時間の6月9日2:00からアメリカで開催されている「Worldwide Developers Conference 2009」において、Appleが新型の「iPhone 3G S」を正式発表しました。

従来の2倍の動作速度を実現するなど、機能に磨きがかかっているほか、既存のiPhoneユーザーに対しても最新機能などが利用可能となるシステムソフトウェア「iPhone OS 3.0」が提供開始されることが発表されています。

詳細は以下から。
アップル - iPhone - iPhone 3G S 新機能のすべて

この記事によると、Appleは6月26日8時から「iPhone 3G S」を発売するそうです。ラインナップは32GBモデルと16GBモデルの2種類。

「iPhone 3G S」は動作速度が大幅に向上しており、「すべての動作が最大2倍速く、より俊敏に反応します」とされているほか、タッチパネルを利用して好きな位置にピントを合わせることができるオートフォーカス内蔵の640×480のVGA動画の撮影にも対応した300万画素カメラを搭載。

さらにホームボタンを長押しして音声コントロールを起動し、iPhoneに話しかけるだけで連絡先に保存している人に電話をかけたり、お気に入りのアーティストの曲を再生できるハンズフリー機能にも対応しています。

音声コントロール機能


電子コンパス機能も新たに搭載されています


また、以下のリンクによると、既存のiPhoneユーザー向けに対しても6月17日から最新機能などが利用可能となるシステムソフトウェア「iPhone OS 3.0」が無料で提供開始されるとのこと。

アップル - iPhone - iPhone 3.0 Sソフトウェアアップデート

「iPhone OS 3.0」では文字のコピー&ペースト機能に加えて、パソコンとiPhoneをBluetoothやUSBを使って接続するとモデム代わりに利用できる機能やBluetoothヘッドフォンへの対応、iPhoneをシェイクして、音楽ライブラリにある曲をシャッフルできる機能などを利用可能になるほか、より高速になったブラウザ「Safari」の最新版が含まれています。

コピー&ペースト機能はこんな感じ。横向きでの入力にも対応しています。


iPhoneをモデム代わりにできるインターネットテザリング機能。なお、日本で利用できるかどうかは未定。


ちなみに以下のリンクによると、「iPhone 3G S」は最長5時間の通話または最長9時間の無線LANを利用したインターネット接続に対応しており、16GBモデルが199ドル(約1万9600円)、32GBモデルが299ドル(約2万9500円)で販売される予定。また、旧モデルとなる「iPhone 3G」の8GBモデルも99ドル(約9800円)で併売されるとしています。

Phil Schiller keynote live from WWDC 2009

・関連記事
「iPhone」を超えた?最先端の中国製携帯電話「HiPhone NANO 3+」 - GIGAZINE

Appleが1億個のフラッシュメモリを発注、ソニーやNOKIAも大量発注で各社から新商品登場の可能性も - GIGAZINE

新型iPod shuffleの曲名などをしゃべる機能、日本語で実際にしゃべらせるとこうなる - GIGAZINE

0

in モバイル,  ソフトウェア, Posted by darkhorse_log