試食

マクドナルドがレトロな喫茶店の世界観をイメージした「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」「喫茶店のプリンパイ」「喫茶店のクリームソーダ」試食レビュー


マクドナルドからレトロな喫茶店の世界観をコンセプトにした「喫茶マック」の期間限定メニューとして、「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」「喫茶店のプリンパイ」「喫茶店のクリームソーダ(マックフロート メロン)」の3種が2023年4月26日(水)から登場します。懐かしい喫茶店の味わいをマクドナルドで楽しめるとのことで、どんなメニューになっているのか実際に食べて確かめてみました。


今度のマクドナルドは喫茶店の味。『喫茶マック』が4/26(水)から期間限定で登場! | マクドナルド公式
https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/kissamac/

マクドナルドに到着。


早速「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」「喫茶店のプリンパイ」「喫茶店のクリームソーダ」を注文しました。


「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」はソフトクリーム・コーヒーゼリー・コーヒーソース・練乳ソース・コーンフレークを使った、シンプルかつ王道なパフェです。


食べてみると、滑らかでひんやりしたソフトクリームにつるんとしたコーヒーゼリーの食感が相性抜群。練乳ソースのまったりした甘みがコーヒーソースのほろ苦さを引き立て、ほっと落ち着ける味わいになっています。


ソフトクリームとコーヒーゼリーを食べ進めると、下に敷き詰められたコーンフレークが登場。サクサクした食感がアクセントになり、最後まで飽きずに食べられました。


続いて「喫茶店のプリンパイ」を食べてみます。


パイ生地は濃い茶色です。


一口食べると、中からカスタードフィリングとカラメルソースが現れました。クリーミーなカスタードフィリングはたまごの風味がしっかり感じられ、カラメルソースのほのかな苦みと優しい甘みも相まって、確かにプリンを連想させるパイに仕上がっていました。


「喫茶店のクリームソーダ」は通常メニューに存在する「マックフロート メロン」のパッケージを期間限定で変更し、「喫茶マック」のコンセプトに合わせて提供されているものです。


飲んでみると、シュワシュワと爽やかにはじける炭酸とメロンソーダの風味、そしてソフトクリームのまろやかな甘みが相性抜群。喫茶店で提供されても違和感がないドリンクとなっていました。


「喫茶マック」のメニューは2023年4月26日(水)から5月下旬までの期間限定で提供されており、価格は「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」が税込380円、「喫茶店のプリンパイ」が税込160円、「喫茶店のクリームソーダ」が税込320円。販売時間は「喫茶店のプリンパイ」が開店~閉店まで、「喫茶店のコーヒーゼリーパフェ」「喫茶店のクリームソーダ(マックフロート メロン)」は10時30分~閉店までとなっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ジューシーな桃フラッペとストロベリーソースの酸味が相性抜群なマクドナルド「ももとストロベリーのフラッペ」「マカロン ピーチティー」試食レビュー - GIGAZINE

砂糖不使用&果汁70%使用でストイックな甘さの「三ツ矢フルーツリッチプラス」を飲んでみた - GIGAZINE

セサミストリートのエルモとクッキーモンスターがかわいいドーナツに変身した「HAPPY SWEET SESAME STREET」をクリスピー・クリーム・ドーナツで買って食べてみた - GIGAZINE

濃厚な卵の風味とクリーミーで甘い香りが昔懐かしいセブン-イレブンの「不二家レストラン 昔ながらのバニラアイスバー」を食べてみた - GIGAZINE

口の中でパチパチはじける「ハロハロパチパチクリームソーダ」、フローズンデザートがシャリッと崩れる「果実氷温州みかん」をミニストップで買って食べてみた - GIGAZINE

チョコにもアイスにも宇治抹茶を使用して口の中で濃厚な抹茶のうまみが溶け出す「ピノ 旨みあふれる抹茶」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.