ソフトウェア

Windows 11のCPU使用率表示にバグがある可能性


ゲームのパフォーマンス解析ツール「CapFrameX」の開発者が、「Windows 11のCPU使用率表示にバグがある可能性」を報告しています。

Windows 11 CPU usage reporting is apparently buggy, including on Task Manager - Neowin
https://www.neowin.net/news/windows-11-cpu-usage-reporting-is-apparently-buggy-including-on-task-manager/

CapFrameXの開発者によると、Ryzen 7 5800X3Dの性能を確認するために「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」をWindows 11 Beta Channel build 22621環境でプレイしたところ、CPU使用率が80%以上になるべき場面でCPUの使用率が軒並み低く表示されていることに気づいたとのこと。CapFrameXの開発者は、ハードウェア情報解析ソフト「HWiNFO」と、ゲーム画面上に表示されたCapFrameXの画面を共有しており、16個のスレッドのうち、正しい使用率を示していたのは1スレッドだけで、あとはすべて6%にも満たない使用率になっているのがわかります。

The core usage reporting on Window 11 is completely broken. Should be >80% for SotTR + this particular scene and settings.

What happened? Did the recent update change the timer behavior? pic.twitter.com/MeDCmmWqsV

— CapFrameX (@CapFrameX)


このバグはゲームアプリケーション固有の問題である可能性もありますが、CapFrameXの開発者は「すべてのゲームで同様の現象が確認できる」としています

Every game is affected.

— CapFrameX (@CapFrameX)


CapFrameXやHWiNFOは、Windowsに内蔵されているイベントログシステムであるWindowsイベントトレーシング(ETW)を利用しています。CapFrameXの開発者は、Windows 11のETWに何らかのバグがあるのではないかとみています。

IT系ニュースサイトのNeowinが調査したところ、2022年4月にMicrosoftフォーラムでも同様の指摘があったことがわかりました。このケースでは、タスクマネージャーでのCPU使用率は100%近くと表示されたのに対して、Xbox Game BarとMSI Dragon Centerの使用率はもっと低く表示されていたとのこと。


ただし、Neowinは、CapFrameXの開発者がテストしたOS環境はベータ版だったことから、ベータ版のみの問題である可能性も指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows 11がハッキング大会中に6回もハッキングされる、テスラやUbuntuも餌食に - GIGAZINE

「ウィンドウを常に最上部に表示」「ウィンドウレイアウトをカスタマイズ」「行方不明のマウスポインターを強調表示」などMicrosoft公式の小技アプリ集「PowerToys」を使ってみた - GIGAZINE

Windows 11で録音アプリの「サウンドレコーダー」が復活、録音・再生中音声の波形表示や再生速度変更などが可能に - GIGAZINE

Microsoftが子ども向け3DCGアニメーション制作ソフトウェア「3Dムービーメーカー」をオープンソース化 - GIGAZINE

MicrosoftがWindows 11の起動を40分遅らせるバグを修正 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.