試食

キットカットがベアー型&チョコぶ厚めになった「キットカット ハートフルベアー」試食レビュー


「重ねたウエハースをチョコレートでコーティングしたスティック型のおやつ」で知られるキットカットが、そのアイデンティティを捨てたかのように愛らしいベアー型になった「キットカット ハートフルベアー」が2022年1月24日から登場します。一足先に手に入れることができたので、キットカット ハートフルベアーがいつものキットカットとどう違うのか、実際に食べて確かめてみました。

これが「キットカット ハートフルベアー」のパッケージ。


1個当たりのカロリーは69kcalです。


名称はチョコレート。原材料名には砂糖・カカオマス・ココアバター・ココアパウダーなどが並んでいます。確認したところ通常のキットカットと原材料に大きな違いはありませんでした。


箱の中には小分けになった「キットカット ハートフルベアー」が複数入っていました。


小袋は全部で6つ。


開封してみたところ、ハートを掲げたくま型のチョコレートが入っていました。キットカットというと2本1セットになっているイメージですが、ハートフルベアーは単体。足の裏に「KitKat」というロゴが刻まれています。


全長約5.3cmのハートフルベアーを通常キットカットと並べてみると、だいたい同じサイズ。色はハートフルベアーの方が少し濃いです。


断面はこんな感じ。中に入っているウエハースはおそらく同じもの。通常版はウエハースの形状に沿う形でチョコレートがコーティングされていますが、ハートフルベアーはくま型の中にウエハースが閉じ込められているので、チョコがやや分厚めです。


実際に食べてみると、ハートフルベアーはさくさくしたウエハースに到達するまでの時間がやや長めで、よりチョコレートを楽しめる仕上がり。一方で、通常版がミルクのまろやかさを中心とした甘めの仕上がりであるのに対し、ハートフルベアーのチョコレートは甘さ控えめでほろ苦さが感じられる仕様なので、重くはありません。甘いもので少しゆるみたい時に最適、かつ見た目もかわいいので人にあげても喜ばれそうなチョコレートになっていました。


なお、キットカット ハートフルベアーは税込498円で、2021年1月24日からネスレ通販・Amazon・楽天・LOHACO・ネスレ キットカット ショコラトリー りんくう店・みやした店で販売予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ゴディバ監修の本格カカオを心ゆくまで楽しめるマクドナルド「ゴディバ ホットチョコレート」を飲んでみた - GIGAZINE

1万3600kcalの巨大キットカットを失敗せずにおうちで作る方法が公開中 - GIGAZINE

世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

生チョコをスライスチーズみたいなシート状にした「スライス生チョコレート」を使ってアレコレ作ってみた - GIGAZINE

チョコレートと羊羹を融合させたバレンタイン限定のとらや「羊羹 au ショコラ」を食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.